RPAコンサルタントとは?仕事内容、年収相場、求人需要について

昨今注目される技術として、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)があります。RPAは、企業内において発生する単純作業をデジタルロボットが代替し自動化することで業務改善を行う手法です。従来のITシステム導入に比べ、開発期間が短い点が特徴です。

企業内に存在する、経理、人事・総務、購買・倉庫、販売・営業、情報システムなど様々な部門がRPAの適用対象とされており、今後も需要が高まっていくと考えられます。

今回は、そのようなPRA関連の職種として注目度の高い「RPAコンサルタント」の仕事内容、年収相場と単価、求人需要について紹介します。

RPAコンサルタントとは

RPAコンサルタントは、デジタルレイバーによる業務改善や経営課題の解決に関するプロフェッショナルです。主にRPAの導入プロジェクトにおいて要件定義やPoC、計画策定などの業務で活躍します。

働き方改革の推進や少子高齢化による人手不足といった社会背景からも、従来人間が行っていた業務をロボットが自動化、効率化するRPAへの期待が高まっています。

働く場所・雇用形態

主にRPA導入を支援するコンサルティングファームSIer、RPAベンダーなどの受託企業で活躍する場合が多いです。それらの受託企業は、大手企業を中心に自社内でのRPA導入や業務改善の依頼を受けてコンサルティングやRPAの導入支援サービスを提供します。

正社員での働き方のほか、他のIT職種と同様にフリーランスとして業務委託で客先に常駐することも多く、実務経験を数年積むことで、個人事業主や法人として独立・起業もキャリアパスのひとつです。

関連する職種

RPAコンサルタントに関連する職種として、RPAエンジニアがあります。RPAコンサルタントがRPA導入に必要な業務プロセスの見直しや要件定義、ツール選定など上流工程を担当するのに対して、RPAエンジニアは、実際のRPAロボットの構築やシステム開発、RPA業務の運用・保守など現場での開発業務を担当します。

 

RPAコンサルタントの仕事内容

主な仕事内容として、RPA導入に関するコンサルティング業務があります。クライアントの課題や導入目的と照らし合わせ適切なRPAの導入をサポートします。

業務把握

ヒアリングや業務の観察を行い、クライアントの業務内容やプロセスを把握します。事前検討の内容をもとに、RPAの適用箇所や導入範囲決定の支援をします。

テスト導入/PoC

本番導入の前に、PoCやテスト導入など一部業務に対してRPAを適用する場合があります。その際は、検証内容を明確にし、テスト実施の効果を計測します。

導入計画策定

事前のヒアリングやテスト導入の結果から課題を抽出し、RPA導入後の業務フローや各部署の役割などを決定したうえで、全体の要件を定義し導入計画も立案します。

導入/定着補助

導入後は、運用・保守業務の改善や、適用範囲の拡大に関する提案や追加開発、マニュアルなどの作成を行います。運用部門への説明や研修などを担当することもあります。

 

RPAエンジニアの年収相場と求人需要

ここでは、RPAコンサルタントの年収やフリーランスで働く際の単価、求人需要について紹介します。

年収・単価の相場

RPAコンサルタントの年収は、経験年数や実績、保有スキルにより幅があります。コンサルティングファームなど中途採用の求人募集では、年収1000万円以上の案件も少なくありません。

需要に対して経験者の数が足りておらず、コンサルタント経験者やシステム開発、RPA経験者などから未経験でのポテンシャル採用も活発に行われています。その場合は、経験者よりも年収相場は下がります。

フリーランスとして働くRPAコンサルタントの単価も、スキルや経験年数で大きく異なります。開発経験や特定のRPAツールの使用経験に加え、業務設計やプロジェクトマネジメントなどの経験があれば、月120万円を超える単価も狙えるでしょう。

求人需要

RPAに注目が集まり、企業の導入が順調に推移するなか、RPAコンサルタントに対する求人需要も増加の一途をたどっています。RPAの経験はなくともITコンサルタント経験やシステムエンジニアとしての開発経験があれば、未経験でも採用されやすい状況といえます。

求人情報サイト「スタンバイ」が行った『RPA関連求人の動向調査(2018年10月)』によると、同サイトに掲載された求人のうち「RPAコンサルタント」の単語を含む求人数は前年同月比6.0倍に増加しており、最高提示年収も3,000万円と採用が過熱している状況です。

求人に含まれる単語 前年比(求人数) 求人件数 最高提示年収
RPA 6.4倍 1,961件 3,000万円
RPA エンジニア 9.1倍 556件 2,000万円
RPA コンサルタント 6.0倍 698件 3,000万円
RPA BPO 5.3倍 192件 3,000万円

求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

 

まとめ

この記事では、いま注目のRPAコンサルタントについて紹介しました。企業でのRPA導入が進むとともに、業務改善やRPA導入のコンサルティングを行う専門職である「RPAコンサルタント」の求人ニーズが増加しています。

中途採用時の応募条件として、RPAツールの使用経験やRPAプロジェクトの実務経験を必須とする場合もありますが、ITコンサルタントシステムエンジニアなどの経験があれば、挑戦することも可能な職種です。

また、RPAコンサルタントとして年収や単価を上げていくために、特定の業務内容に関する知識や、「UiPath」「Automation Anywhere」「Blue Prism」など特定のRPAツールへの知見が評価される場合もあります。

RPAコンサルタントはRPAエンジニアと比べ、経営課題に対する解決策を提案したり業務プロセスもふくめた全体設計を行うなどより上流の仕事になります。報酬が高い分それにみあったスキルや能力を求められる傾向にあるため、エンジニアからのキャリアチェンジを考える場合は開発のほか、ロジカルシンキングやコミュニケーションなどのスキルを身につけるとよいでしょう。