20代フリーターは就職できる?20代前半と後半での違い・正社員になる方法

「20代のうちに就職して正社員になりたい」「彼女と結婚を考えている」「彼氏と別れて将来が不安」など理由はさまざまですが、20代フリーターが就職して正社員になることは決して珍しいものではありません。

25歳や30歳といった節目を迎える年齢では周りの友人や知人との関係や家族などの環境も変わり、将来を考える機会は男女の区別なく多くなるものです。

アルバイトのほかに派遣、正社員、フリーランスなど働き方は様々です。それぞれにメリット・デメリットはあるものの最終的に正社員にいきつくフリーターも多いのです。

今回は、そんな20代フリーターから正社員になる方法を紹介します。20代前半と20代後半では就職活動での視点も異なります。フリーターが抱える将来的なリスクについても把握しておきましょう。

20代のフリーターは就職できる?

職歴なしのフリーターからでも正社員になることは可能

アルバイト以外の就業経験がなく、会社に就職したことがないと、不安になるかもしれませんがフリーターから正社員への就職は可能です。

職歴のないフリーターでも、未経験から就職しやすい仕事はあります。飲食・介護・工場・土木・配達・運転など人手不足の業界では常に若い労働力を求めており、求人も豊富にあります。

人手不足が深刻化している業界は多数あり、猫の手も借りたいというほどです。ブラック企業には注意する必要がありますが、職歴なしの若手人材について受け入れ余地があるということです。

20代のうちに就活をはじめるなら、かなりの確率でフリーターから会社員に転向できるでしょう。

正社員としてすぐに会社に勤めることがプレッシャーに感じる際は、派遣社員で働いてから次のキャリアを考えるという方法もあります。

中卒・高卒のフリーターから正社員も無理ではない

大学を出ていないフリーターが会社への就職に挑戦する際に、どうしても気になってしまうのが学歴です。

大学中退や高校卒業、中学卒業が最終学歴の場合に、就職活動に影響はあるのでしょうか。

応募資格に大卒以上を求める職場や職種も多く、中卒や高卒でチャレンジできる求人数は大卒に比べ少なくなってしまうのが実情です。

そのため、20代前半であれば、再度勉強して大学卒業相当の学歴を作る方法もおすすめです。

正攻法としては、学歴不問など募集条件が緩い求人を探して応募していくことになるでしょう。

20代フリーターの就職戦略について

20代前半と後半で求人環境は変化する

フリーターが正社員への就職を目指す際に、まず注意すべき点は、加齢による求人環境の変化です。具体的には、20代前半と20代後半で採用でみられるポイントが異なってきます。転職市場は長期的な人口比率からすると若年層に有利に働きますが、目先の景況感や経済のトレンドの影響も受けやすいため注意しましょう。

ストレートで大学を卒業した社会人1年目の年齢で22歳、2年目で23歳、3年目が24歳です。大学受験で浪人していたり、大学院に進学したりすると上記年齢にプラス1、2歳加わります。

25歳までの20代前半の転職市場は、いわゆる第二新卒既卒枠とよばれる人材が出回るマーケットです。そのため、ジョブチェンジや未経験者のポテンシャル採用なども積極的におこなわれます。

20代前半のフリーターが就職する際は、この若手人材のマーケットに分類され、職務経歴よりも素質や人柄が重視される傾向にあります。

20代後半からは未経験可の求人が減り始める

年齢が26歳を過ぎ、20代後半に差し掛かるとフリーターから正社員への就職市場の状況も変化します。

未経験者を歓迎する求人や職歴なしのフリーターでも応募条件を満たす求人の数が徐々に少なくなってきます。

企業側としても正社員として採用する以上は長く働いて欲しいという考えや年齢とともに素直さが失われてくる懸念などからそのような傾向にあるのです。

そのため、20代後半のフリーターが就活をする際は、若さ以外に経験や勉強内容なども伝えるようひと工夫が必要になってくるでしょう。

また、この年齢になるとビジネス経験がある中途転職組のほうが、フリーターよりもビジネスマナーや仕事の枠組みを理解している点でかなり有利となる点は覚えておきましょう。

就活をはじめるなら30歳になる前に

フリーターを脱出することを決意したなら、30歳になってしまう前に就職をスタートしましょう。同じ経歴の人材であれば、一般的に20代後半よりも前半のほうが選考を通過しやすく、就職活動をスムーズに進めることができます。裏をかえせば、年齢があがるほど正社員になる難易度はあがっていくということです。

30歳ともなると、結婚をしたり子供ができたりと嫌でも将来を考えることになるかもしれません。両親の介護や自身の健康にも問題を抱えることになる年齢が30代です。

いずれフリーターをやめて就職するなら、活動をはじめるのは早ければ早いほどよいです。20代は夢を追ったとしても30歳を迎える前に就職するということを一つの目安としてもよいでしょう。

20代のフリーターが正社員になる方法

ここでは、20代前半と後半にわけて、就職してフリーターから正社員になる方法を紹介します。

20代前半のフリーターが就職するには

若さや無知が武器になる

20代前半の取り柄は若さと素直さです。知識や経験がないことは弱みであるとともに強みでもあります。業界経験や他者での経験があるがゆえに、変にくせが強かったり、思い込みの強い新人というのは先輩社員からしても使いづらいものです。その点、元気が良く素直な若手であれば、使いたい企業というのはたくさんあるのです。

正社員になることを優先する

フリーターのまま、月日を過ごしていても職歴としてカウントできる経験にはなりません。一方で、正社員として働けば職歴として職務経歴書に記載できます。そのため、まずは正社員として就職することを優先しましょう。20代前半であれば、一度就職に失敗したとしても転職などでやり直しはききやすいです。

資格や勉強もあり

20代前半でスタートするなら税理士や弁理士など国家資格を取得したり、ITや技術系の認定試験を受験してみてもよいでしょう。エンジニアやデザイナーとして働くために独学やオンライン講座での勉強なども仕事に結びつきやすいです。

20代後半のフリーターが就職するには

忍耐力と根気強さで勝負する

20代後半の就職活動では書類選考や面接などでの不合格も増えてきます。そのため諦めない心が大切です。20代前半の頃よりも正社員になるためにはより忍耐力が問われるでしょう。

とはいえ、20代であれば未経験可の求人もまだまだ沢山あり、よっぽどの事情がない限りは心配しすぎる必要はありません。ハローワークや職歴なし向けの人材紹介エージェント、求人サイトなどを利用して積極的に就職活動をおこないましょう。

就職先選びは慎重に

20代後半のフリーターが正社員への就職をすすめる際に、気をつけておきたいこととして就職先選びがあります。内定を複数もらってその中から最終的に就業する先を選ぶ際には、20代前半のときよりもやや慎重な視点が必要でしょう。ハローワークなどで探せるフリーター向けの正社員求人には過酷な労働環境の求人も一定数存在します。間違えてブラック企業に採用されてしまい短期間で離職を繰り返すと仕事が長続きしないようにみえてしまうこともあります。

派遣社員も検討する

頑張って就職活動をつづけても一向に内定がとれないこともあるでしょう。その際は、派遣社員をはさんでから正社員にチャレンジすることもおすすめです。派遣会社に登録すると、ITなどの研修を無料でうけられる派遣会社もあります。また、正社員を前提とした紹介予定派遣なども検討してみましょう。

フリーターを長く続けることのリスク

最後に長期間フリーターでいつづけることのリスクを紹介します。もちろんフリーターでいることのメリットもありますが、金銭面や社会的な面では将来的にデメリットも多い点を認識しておきましょう。

アルバイトだとスキルが身につかない

フリーターを長くつづけるべきでない理由のひとつに、社員の指示に従って作業をおこなうようなアルバイトだとスキルが身につきづらい点があります。

将来的にスキルアップやキャリアアップをとおして給料をあげていきたいなら、経験や実績がつめる職場を探すとよいでしょう。

中高年になった後など将来的に金銭面で苦労する

20代のころは会社員とフリーターや派遣社員などの非正規雇用者で大幅な年収の差はありません。しかしながら、30代、40代にもなると昇級やボーナスがある正社員とフリーターとでは金銭面での差が大きくなる傾向にあります。

若い頃はよいですが、中年になってもアルバイトのままだと社会的な信用が低く、パートナーとの結婚や家庭についてなど将来的なビジョンも持ちにくいでしょう。

空白期間が長いと就職に不利

高校や大学を卒業してからフリーターをつづけていると経歴上は職歴なしという扱いになります。一旦就職した後に会社を辞め、アルバイト生活をしていることもあるかもしれませんが、そのようなフリーターでの期間が長引けば長引くほど正社員での就職には不利になってしまうのです。

30代職歴なしでも就職できる?ニート・フリーターから正社員になる方法

「30代後半のフリーターから正社員になれる?」「30代でニートのままはヤバい?」など30歳を節目として就職活動や転職活動を意識するかたも多いのではないでしょうか。

しっかりと働く意思があれば、就活をはじめるのに何歳でも遅すぎるということはありません。今回は職歴なしニート・フリーターの30代から正社員になる方法を紹介します。

30代で職歴なしのフリーター・ニートから就職できる?

ニートやフリーターとして過ごし職歴がないまま歳を重ねた30代でも正社員として就職することはできるのでしょうか。

30代職歴なしで初めての就職活動について実情をみていきましょう。

正社員への就職は簡単ではないが可能性はある

よく言われている通り未経験・職歴なしの30代が正社員で就職することは決して簡単とはいえません。ただし、仕事を選り好みせず、きちんと準備や対策をして就職活動に臨めば採用の可能性は十分にあります。

男性・女性に関わらず、決して平坦な道のりではないため、多少のことであきらめないメンタルや根性は必要になってくるでしょう。

20代での就職よりも大変な点は覚悟しておく

30代で職歴がまったくないのと、20代や10代の場合とでは就職へのハードルの高さは桁違いです。高卒か大卒かなどの最終学歴によっても差はでるでしょう。

職歴がないまま歳をとればとるほど、求人数は減り、書類選考や面接での不合格も多くなります。当然、選考を経て採用の内定をもらうまでの期間も長くなりがちです。

30代前半と30代後半でも就職の難易度はかわってきます。極力早めに就職活動をはじめるべきです。

職歴がないまま40代・50代を迎えるのは危険

30代のうちはまだよいですが、さらに歳をとって40歳、50歳となった場合に、自身の健康や親の介護に関する問題などもでてきます。

また、職歴がないまま40代、50代となっていくと正社員への就職はさらに難しくなり、とりかえしがつかなくなってしまう危険もあるのです。

30代職歴なしでも就職する方法

未経験可の正社員求人に応募する

転職サイトやハローワークで30代の未経験者でも応募できる求人を見つけて、実際に就職活動をはじめていきましょう。

応募には職務経歴書や履歴書が必要となるためPCやインターネット環境を用意するとよいでしょう。

また面接ではスーツ着用の場合もあり、革靴やスーツを持っていない場合はそれらの準備も必要です。

キャリアカウンセリングや就職支援をうける

求人応募の準備をするために、転職エージェントや就職支援サービスが提供するカウンセリングや無料の説明会・セミナーなどを受講してみてもよいでしょう。

30代ではじめての就活をする場合は、就職活動に必要な書類の作り方などから調べる必要があります。

何から手をつけて良いかわからない場合は、最寄りのハローワークに登録してジョブ・カード制度や職業訓練などを利用してみるとよいでしょう。

また、社会人向けITスクールの受講を検討してみてもよいでしょう。

派遣社員を経験してみる

正社員採用に挑戦して結果が出ない場合に、職歴をつむという点で最初に派遣社員から始めてみるのもひとつの方法です。

登録型派遣や常用型派遣のほかに、「紹介予定派遣」のような直接雇用を前提とした派遣で正社員をめざしてみてもよいでしょう。

初心者や未経験者向けに研修プログラムを提供している派遣会社もあります。

アルバイトから始めてみる

派遣契約と同様にパートやアルバイトからでも正社員が目指せる職場もあります。

採用のハードルが低いアルバイトから始めて正社員を目指すのです。ポイントは正社員登用制度がある職場で働くことです。

30代以降も職歴なしだと収入に困ることも

30歳をこえても職歴なしでいることは、年収や生涯賃金などの収入面で不利にはたらきます。ニートとして両親に依存するのにも限界があるでしょう。

収入に差がつく

20代の間は会社員も給料が安いことが多く、フリーターと比べても賃金の面で大きな差はつきづらいです。ただし、20代後半から30代以降ともなると正社員は年収が上がっていくものの、フリーターの昇給は微々たるものです。そのため手取り収入や年収で換算すると倍以上の差がつくことも少なくありません。

収入がなくなる

フリーターであれば、アルバイトやパートタイムでも働いて収入があるだけ生活していくことはできます。しかし、ニートとして無職のまま実家暮らしで親の収入に頼っていると、いずれ収入が途絶えることもありえます。そうなってから困らないように、すこしずつでも準備をするとよいでしょう。

30代以降も職歴なしでいることのリスク

30代後半や40代になってもニートやフリーターのまま過ごすことでリスクもあります。

社会的信用がなくなる

会社員や公務員として働いている場合と異なり、ニートやフリーターでいると社会的な信用は低いといえます。クレジットカードやローンなどの審査に通らないなど生活のうえで不便なこともおこります。

結婚できない

30歳を超えてフリーターでいると、付き合っている人がいたとしてもなかなか結婚まで踏み切れません。また、結婚後の生活や子育てなどで金銭面で苦労することもあります。

30代職歴なしから正社員になるために

行動する

職歴なしから正社員で就職するためには、ささいなことからでもはじめることが大切です。

実際に行動にうつしてみることで、社会の厳しさをしることになるかもしれませんが、世の中のリアルをしるところからがスタートラインです。

勉強する

プログラマーやデザイナーなどIT系の職業で就職を目指すには、独学やスクールで勉強をしながら就職活動をすすめるとよいでしょう。

就職に有利な資格取得のための勉強もよいかもしれません。ただし、30代では20代と異なり残された時間は少ないです。

そのため、公認会計士や税理士など難易度の高い資格取得をゼロから開始するのはあまりおすすめできません。

介護やIT、不動産など就職活動と関連した資格の勉強をおこなうと効率的でしょう。

高卒フリーター女性は正社員に就職できる?就活・転職方法・おすすめ職種

「フリーターから正社員になりたいけど高卒だから難しい?」「女性の就活は男性よりも不利?」など就職活動や転職活動に慣れていないと不安に感じることも多いものです。

人手不足の企業は多く、社会人として働く意欲さえあればアルバイトからの脱出も十分可能です。そんなフリーターのなかでも高卒女性の就職活動について紹介します。

女性の高卒フリーターでも正社員になれる?

女性フリーターが正社員になるのは、男性よりも大変といわれています。職種や職業によっては女性のほうが有利な職場もありますが、はたして高卒でも企業に就職できるのでしょうか。

正社員になることは不可能ではない

女性の高卒フリーターでも就職活動をおこない採用されれば正社員になることができます。コロナ禍で減少傾向にあるとはいえ、20代であれば応募できる未経験可や学歴不問の正社員求人は多くあります。

確かに、中途採用の募集要項には最終学歴を大卒以上とする企業や職業も多くあります。そのため、学歴が高卒や専門学校卒で応募できる求人の幅が狭くなることは覚悟しましょう。

高卒フリーター女性が就職に成功するために

フリーターからでも正社員として就職することは十分可能です。ただし、未経験からのスタートとなるためそれなりに苦労する点は意識しておきましょう。

できるだけ早く就活活動をスタートすべき

高卒のフリーター女性が就職するために、行動をスタートするのは早ければ早いほどよいです。企業が未経験者を採用する場合には、即戦力よりも素直さや学習意欲を求めることが多いです。

そのため、30代よりも20代のほうが採用の間口はひろいですし、同じ程度の評価であれば20代後半よりも20代前半のほうが有利といえます。

エージェントに相談してみる

最近ではフリーターや第二新卒向けに就職を支援する転職エージェントがでてきています。オンラインやスマホでの相談が可能となっているため、まずは登録してみるとよいでしょう。これまでの経験から合いそうな仕事を教えてくれたり、職務経歴書の添削なども受けられます。

派遣社員も検討する

高校や専門学校を卒業して、パートタイムやアルバイトでしか働いた経験がないと職務経歴書に記載する内容に困ってしまうかもしれません。そのような場合は、正社員で就職する前に、派遣社員なども視野にいれて就職活動をすすめてみるとよいでしょう。

高卒フリーター女性の就活で気をつけるポイント

未経験でも採用されやすい業種を受ける

フリーターから正社員へのキャリアチェンジを考える際に心がけたいのは、未経験者を積極採用している職場を中心に就職・転職をおこなうことです。

普段あまり目にしない仕事では業務内容がピンとこない事もあるかもしれませんが、興味をもってみましょう。

書類選考や面接で不合格が多くてもへこたれない

正社員募集の求人に応募してすぐに合格の通知や内定がでることばかりではありません。特にフリーター就活では、書類選考で落とされるケースも多いことは理解しておきましょう。

たとえ面接までたどり着けたとしても、最終的に不採用やお祈りメールをもらうことはよくあります。選考結果に一喜一憂せず、内定ゲットのための努力を継続するメンタルも必要です。

高卒フリーター女性におすすめの職種

高卒や専門学校卒から挑戦しやすく学歴不問の求人募集が多い職業や業界として代表的な例をいくつか紹介します。

営業職

個人や法人に対して製品やサービスを売り込み、契約を取る新規開拓を行う職業です。訪問営業や新規開拓セールスなどの仕事は、目標数字やノルマが厳しい職場も多いですが、数字さえあげることができれば男女関係なく出世できる職種でもあります。

販売職

店舗などでの販売スタッフは、接客などのアルバイト経験を活かせる職業です。ラグジュアリーブランドなど競争倍率の高い企業への入社は難しいため、採用されやすい企業を狙いましょう。冠婚葬祭などは比較的採用されやすいです。

介護職

人手不足が深刻化する介護業界は、年齢や性別に関係なく未経験からでも目指しやすい仕事です。お年寄りや家族と接する職業であるため、物理的な接触や肉体的なタフさは求められますが、直接的な感謝も得られる仕事です。

技術職

IT関連の職種でも保守運用やヘルプデスクといった仕事は未経験からでも採用されやすい職種です。ただし、それらの職種では必ずしも技術が身につくとは限りません。プログラミングを学習して開発エンジニアやプログラマーを目指すとよいでしょう。

まとめ

今回は、最終学歴が高卒のフリーター女性の正社員への転職について紹介しました。雇用状況は変動していますが、労働者を求める業界はあります。

フリーター女性が正社員を志すタイミングはひとそれぞれですが、アルバイトを続けることに将来への不安を感じた際は、就職活動をスタートしてみるのもよいのではないでしょうか。

彼氏との結婚を機にフリーターやニート脱出を考えていても、結婚がうまくいかないことや結婚後に離婚となってしまうこともあるのです。