広告運用者はフリーランスになれる?単価相場・スキル・案件獲得の方法

ウェブサイトやECサイトスマホアプリなどのプロモーションを目的にWeb広告の出稿や入札調整、改善、レポーティングを行う仕事が「広告運用」です。

広告代理店でリスティング広告やディスプレイ広告、事業会社でWebマーケティングを担当していて独立や副業を検討する方も多いのではないでしょうか。

この記事では、広告運用マーケターの単価相場やフリーランス案件の受注方法、スキルセットなどを紹介します。

フリーランスの広告運用者という働き方

インターネット広告市場の拡大に伴い、様々な業界でリスティング広告などの運用型広告が活用されるようになりました。

プロダクトやサービス、ブランド、店舗などあらゆる宣伝活動においてデジタルの比率が高まる一方で、実務を担当するマーケター人材の不足も深刻化しています。

PCとインターネット環境があれば場所を問わず実施できる広告運用は、フリーランスとして個人で仕事を請ける働き方に適しているのです。

広告代理店やデジタルエージェンシーで運用業務を経験したプロフェッショナルなら独立して会社を立ち上げたり、フリーランスになることもさほど難しくありません。

東京や大阪などの大都市圏を中心に、在宅勤務やテレワークなども普及してきており、会社員を続けながら副業マーケターとして活躍するチャンスもあるでしょう。

運用型広告とは

運用型広告は、担当者が管理画面にアクセスして広告の入稿や調整などの「運用業務」を行う広告です。

掲載状況がリアルタイムにレポートに反映されるため、広告の成果を確認してターゲットや広告文、入札金額などに反映します。

代表的な運用型の広告としてGoogle広告やYahoo!広告、Facebook広告、Twitter広告、LINE広告があります。

広告運用の案件数・フリーランス求人動向

広告運用に関するフリーランス市場を確認する指標として、企業が募集する求人数があります。

実際に、広告運用の案件が掲載されているか、エージェントサイトで調べてみたところ、クラウドテックでは33件でした。

募集される求人の傾向としては、SNS広告運用やリスティング広告ECサイトの集客、Webマーケティングコンサルティングなどのフリーランスが企業から求められているようです。

業務委託のマーケター案件では、企業に常駐して仕事をすることも多いですが、最近ではリモートや在宅ワークで稼働する案件も増加傾向にあります。

フリーランスエージェントでは、サイト上に案件を公開しない非公開求人も多くあります。実際の求人数が気なる際は直接確認してみてもよいでしょう。

広告運用の案件例

ここでは、Web広告運用の案件でよく募集される内容を紹介します。

リスティング広告

GoogleYahoo!など検索エンジンでユーザーが探す検索語句に連動した広告を表示します。キーワードの抽出や入札単価調整などで成果改善を実施します。タグマネジメントツールの設定やアクセス解析なども行います。

ディスプレイ広告

GDN(Googleディスプレイネットワーク)やYDA(Yahoo!広告 ディスプレイ広告)などメディアの広告枠にバナーを掲載します。ターゲティングやメディア除外に気を配り成果を向上する必要があります。

SNS広告

Facebook広告やTwitter広告、LINE広告などソーシャルメディア上に広告を掲載します。バナー広告のほか、動画などフォーマットにあわせたクリエイティブを用意して運用します。

広告運用フリーランスのメリット・デメリット

次に、広告運用を専門としたフリーランスで活動することのメリットとデメリットについて紹介します。

広告運用者が独立するメリット

会社員よりも稼げる

独立のメリットとして、フリーで働くと会社員時代よりも収入があがりやすい点があげられます。40代、50代のベテランに比べると給料の低い20代、30代の若手マーケターほどフリーランスになることで金銭的なメリットを得やすいでしょう。

会社員マーケターは、どれだけ成果をだしても昇給の幅には上限がありますが、個人事業主はやり方次第で何倍も稼ぐことができるのです。

クライアントから支払われる報酬で経費や税金を賄う必要がありますが、その点を加味しても十分なほどです。

仕事さえ確保できればサラリーマンでいるよりも高収入を得やすいのはフリーランスの魅力でしょう。

自分の裁量で仕事できる

働く時間や場所、受注する仕事やクライアントを自分の裁量で選べることもフリーランスの広告運用者のメリットでしょう。

リモートワークやフレックス勤務を取り入れる会社も増えてきましたが、フリーランスは自分の裁量で全てを判断することができます。

育児や介護などで日中に時間がとれない場合でも稼働する時間帯をずらして働いたり、週2日、週3日などで働くことも可能です。

勤務場所を選べるため、地元に帰って仕事をした、海外への移住も視野に入るでしょう。

プレイヤーとして働ける

会社組織に所属してキャリアアップを目指すとなると、30代以降は給与面などでマネジメントポジションを目指さざるをえないケースも多いです。

スペシャリストやプレイヤーポジションで高給を実現できることもありますが、そうでない給料テープルの会社組織も多いのが実情です。

その点、個人事業主であれば、自分の専門知識やスキルを使ってプレイヤーポジションで収入をあげていくことができるのです。

広告運用者が独立するデメリット

会社員より不安定

独立することのデメリットとして、フリーランスになると会社員に比べ収入の安定性に欠ける点があげられます。

毎月決まった金額の給料が会社から振り込まれる会社員と異なり、フリーランスは仕事を受注して納品しない限り収入をえることができません。

独立当初は社会的な信用も低いため、クレジットカードやローン、賃貸物件などの審査にも通りづらくなります。

複数の顧客から並行して依頼を受けることが容易かつ継続率も高い広告運用代行の案件であれば、他の職種よりもリスクは少ないとはいえ、営業活動が必要な点は理解しておきましょう。

運用以外の仕事が増える

フリーランスになると、営業や契約手続き、請求など広告の運用以外の仕事もおこなわなければなりません。

広告代理店では自動化しているような業務もいちから整備する必要があるでしょう。

また、経理や確定申告、納税手続きなど税務関連の事務作業も個人事業主として実施しなければなりません。

そのように、広告運用だけをしていたいという人からすると独立にはデメリットと感じる面もあるでしょう。

責任が大きく自己管理が大変

フリーランスは自分の裁量で自由に仕事ができるというメリットがある反面、責任も全て自分で負う必要があります。

会社員であれば、ミスをしたり取引先に迷惑をかけたとしても、上司や営業担当者が運用担当のかわりに謝罪したり、交渉をしてくれることも多いです。

一方で、フリーランスはクライアント対応も仕事の管理もすべて自分の責任でおこなわなければなりません。

広告運用の単価相場・収入

広告運用マーケターがフリーランス案件に参加する際の単価相場は、月額で60〜70万円程度が相場です。

クライアントと直接契約を結ぶ場合は、広告代理店の手数料と同じく運用金額の10〜20%を費用とすることもあります。

また、運用代行で手を動かすよりもコンサルティングなどの仕事のほうが高単価な傾向にあります。

広告運用の仕事獲得方法

フリーランスの広告運用者が業務委託の案件を受注するには、どのような方法があるのでしょうか。

エージェントを利用する

一つ目の方法として、フリーランス向けのエージェントに登録して案件の紹介をうけるやり方があります。

フリーランスエージェントでは、ITエンジニア向けに常駐案件を仲介する事業者が多いですが、広告案件を扱うエージェントも増えてきました。

独立時は顧客が0の状態で、まず生活費を確保したいということもあります。週3日などの案件に入って、残りの日をクライアント開拓にまわすなども可能です。

経験が浅い広告運用者や業務経験がない未経験者は、エージェントから案件紹介が受けられないこともあり別の方法で仕事を獲得する必要があります。

登録する際には、広告運用やSEOなどWebマーケティングの案件を扱っているかを確認するとよいでしょう。

クラウドソーシングを利用する

二つ目の方法は、クラウドソーシングのプラットフォームを活用して業務委託の広告案件を探す方法です。

登録に面談や経歴書の提出が必要なエージェントと異なり、クラウドソーシングは誰でも簡単に登録が可能です。

利用のハードルが低い反面、案件の単価相場も低くおさえられる傾向にあります。

本業のフリーランス以外に、副業や在宅ワーカーが多数登録しており、リスティング広告のほか、Facebook広告の運用やGTMの設定などの募集もあります。

クラウドソーシングで仕事を受注する際も、提案内容とともにポートフォリオや実績が重要になります。

自身のプロフィールに詳細を記載するとともに最初のうちは多少料金を下げても納品実績を作ることが大切です。

自分で営業して直接契約する

エージェントやクラウドソーシングなど仕事紹介の仕組みをつかわず、直接クライアントから依頼を受ける方法もあります。

営業の方法としては、広告運用のサービスメニューやWebコンサルティングの実績などを記載したWebサイトを公開して、問い合わせを待つ方法が一般的です。

広告運用者としては、リスティング広告などを使って見込み顧客を集めたいところです。

また、上記のようなインバウンドマーケティングのほかに、営業先をリストアップして自分からコンタクトを取るアウトバウンド手法も有効でしょう。

知人や友人など独立したことを伝え紹介案件を獲得することも重要です。

フリーランスの広告運用者になるには

フリーの広告運用者になるにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、未経験からマーケターとして活躍できるようになる手順を解説します。

未経験なら広告代理店に就職・転職する

エージェント経由で広告運用の案件を受注してフリーランスマーケターとして働くには、最低3年程度の実務経験が必要です。

広告運用の担当者として働いているなら独立は簡単ですが、未経験から広告運用のフリーランスをめざす際は、会社に就職してスキルを身につけましょう。

インターネット広告代理店やデジタルエージェンシーが募集する未経験歓迎の求人に応募することがおすすめです。

広告運用で独立に必要なスキル

独立してフリーランスの広告運用者として働くなら、以下のスキルがあるとよいでしょう。

広告運用スキル

クライアントから依頼を受けた内容を的確に実行するための、広告知識とオペレーション力が必要です。

  • プランニング
  • アカウント設計
  • 広告入稿
  • 運用調整
  • レポーティング

上記のような広告運用の一連のフェーズをひとりでこなせることが最低条件といえるでしょう。

広告改善スキル

運用型広告では、CPAやROASなどの指標をもとに成果を判断するため、パフォーマンスの向上に関する知見も必要です。

CV計測のためのタグ設置やEFO、LPOなどのノウハウも蓄積しておきましょう。

営業スキル

フリーランスで安定して生活を営むには、見込み顧客に提案して広告運用の案件を獲得するための営業力が必要です。

クライアントの状況に耳をかたむけ、課題をヒアリングしたうえで適切な広告配信を提案しましょう。

まとめ

今回は、広告運用のフリーランスについて独立の方法や収入などを紹介しました。リスティング広告やディスプレイ広告など運用型広告の出稿は、Webマーケティングの手法として一般化しており、さまざまなジャンルの広告主に需要があります。

デジタルマーケティング業界は人材不足のため、20代や30代前半までであれば未経験でもポテンシャル採用のチャンスがあります。

インターネット広告代理店などに入社して経験を積めば、将来独立したり副業で広告運用を受注することも決して不可能ではありません。

SNS運用代行の単価相場は?フリーランス・副業案件の獲得方法

TwitterInstagramFacebook、LINEなどソーシャルメディアの利用者数が急激に拡大した結果、SNSは商品・サービスの認知拡大や店舗への集客などに欠かせない手法となりました。

ユーチューバーやインスタグラマーなどの職業が生まれ、SNS上で影響力を持つインフルエンサーを活用したマーケティングにも注目が集まっています。

そして、そのようなSNSアカウントの運用や広告掲載を生業として独立するフリーランスも増えているのです。

この記事では、SNS運用代行の単価相場や個人が副業として参入できる理由、業務委託案件の獲得方法を紹介します。

SNS運用でフリーランス・副業できる理由

ソーシャルメディアSNSの運用をフリーランスやアルバイトなどの個人に依頼する企業も増えてきました。

クラウドソーシングやエージェントなど案件のマッチングサイトを訪れると、それら求人の募集内容を確認できます。

フリーランスや副業など、実際に個人が業務委託のSNS運用案件で稼ぐことは可能なのでしょうか。

SNS運用代行の求人需要は高い

SNS運用の求人ニーズが高まる理由として、ソーシャルメディアの活用が個人だけでなく企業にとっても急務となっている点があげられます。

LINEの月間アクティブユーザー8600万人を筆頭に、Twitterは4500万人、Instagramが3300万人と利用者が拡大した結果、社会への影響は決して無視できない規模となっています。

そのため、SNS運用を担当できる人材を正社員や派遣社員で採用したいという企業は増加傾向にあります。

飲食、美容、コスメといった業界やトラベル、ECなどではInstagramYouTubeなどのインフルエンサー起用も活発におこなわれています。

業務委託のフリーランス人材を活用するメリットがある

店舗への集客やサービスの認知向上などを目的にSNS上で情報を発信してフォロワーを集めたり、発信力を高めたいという企業は多いです。

その一方で、SNS運用スキルを持つ実務経験者は不足しており、中途採用に苦労する会社も沢山あります。

だからといって、未経験者を採用して育成するのには時間がかかりますし、そもそも教育できるノウハウを持った先輩社員がいない会社がほとんどです。

そこで、企業が教育したり指示しなくとも即戦力で働ける外部のプロフェッショナルに依頼するという選択肢も取られるようになっているのです。

SNS運用の代行会社に依頼すると50万円かかる内容でもフリーランスでは30万円で済むなど費用や料金面でリーズナプルなこと後押しになっています。

SNS運用代行と副業の相性は良い

ソーシャルメディアは、もともとプロではなく個人が趣味で活用している土壌があります。そのため、会社員としては業務に取り組んでなくとも個人アカウントで実績を出し、高いリテラシーを持つ個人も多いのです。

TwitterFacebookInstagramYouTubeTiktok、noteなど、それぞれのプラットフォームごとに特性もあり、個々のSNSやジャンルに精通した個人に来したいという需要もあります。

ファンを集めたり、コミュニティを運営していくには、オフィシャルであるよりもキャラクターや親しみやすさが重要なこともあり、そのようなキャラを出せる個人に注目が集まっています。

SNS利用になれたユーザーであれば、クラウドソーシング経由で副業の依頼もしやすいです。

SNS運用代行の単価報酬・料金相場

ここでは、SNS運用代行のフリーランスで働く月額報酬の相場や請け負いの料金、年収などの収入についてみていきましょう。

SNS運用代行の単価相場(フリーランス

SNSソーシャルメディア運用に関するフリーランス案件の月額報酬は、週5日稼働で40〜50万円程度が相場です。

SEOやWeb制作などの案件と比べるとSNS運用案件は単価が低い傾向にありますが、これは投稿代行などのオペレーター的な業務が多いためです。

一方で、SNS運用に関するコンサルティングや広告運用のアドバイザリーなど高度な知識が必要となる仕事は単価も高い傾向にあります。

SNSマーケターの年収(会社員)

求人情報サイトの求人票を確認すると、SNSマーケティングの年収は300万円から800万円程度まで幅があります。

収入の目安として、未経験で就職した際は、年収300万円からスタートです。

経験者で年収400〜600万円、マネージャーなどの管理職で年収500〜800万円が相場でしょう。

SNS運用代行のフリーランス案件例

SNS運用者が参画する業務委託の案件では、企業などから委託を受けコンセプト作りからSNSアカウントの開設、記事作成、投稿、返信対応などの運用業務をおこないます。

Facebook広告やTwitter広告、LINE広告などソーシャル広告のアカウント設計、クリエイティブ入稿、入札調整などの仕事も人気があります。

SNSアカウントの運用

TwitterInstagramなどの企業アカウントを運用して、日々の投稿やメッセージへの返信を担当します。

実務では、フォロワー数やリーチ率などを指標とした検証や投稿後の数値を把握して改善施策も提案します。

利用するSNSや訴求対象となるユーザーによって投稿に適したフォーマットは異なるため、画像のほか映像や動画の投稿にも慣れておくとよいでしょう。

SNS広告の運用

Facebook広告やInstagram広告、LINE広告などソーシャルメディア上の広告出稿を担当します。

SNSマーケティングで達成する目標を設定し、適切な予算配分やキャンペーンをプランニングする必要があります。

シェア・リツイートなどの拡散には、バナー広告や動画などのクリエイティブも調整します。

SNS運用代行の案件獲得・副業の探し方

フリーランスや副業でSNS運用代行を受注するためには、どのような方法があるのでしょうか。

エージェントで紹介を受ける

フリーランスや副業などの業務委託案件を多く保有するエージェントに登録すると、スキルや経歴にあったSNSマーケティングの求人について紹介を受けることができます。

クラウドソーシングで探す

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録すると、企業からの依頼に提案することができます。依頼を受けるためにはプロフィールを充実し、実績などをまとめたポートフォリオを用意するとよいでしょう。

まとめ

今回は、SNS運用代行のフリーランス案件や副業案件で個人が稼げる単価の目安や仕事獲得の方法について紹介しました。

TwitterInstagramなどの投稿でフォロワー数を増やす個人は多く、会社での業務経験がなくとも、個人のSNSアカウントでバズを生み出した実績があれば副業として案件を獲得することは難しくないでしょう。

そのため、SNSマーケティングは未経験からでも始めやすい仕事と言えます。

フリーランスで独立する際は、広告代理店やデジタルエージェンシーなどでSNS運用担当者として実務経験があると仕事はみつけやすいでしょう。

Webプランナーとは?なるには?仕事・スキル・年収・就職先・将来性

Webサイト制作やオンラインマーケティングで活躍する職業が「Webプランナー」です。未経験からWeb業界への転職を目指す方やコンテンツ企画の仕事に就職を考える方も多いのではないでしょうか。

Webプランナーとよく混同される「Webプロデューサー」や「Webディレクター」との違いやキャリアパスについてもみていきましょう。

この記事では、Webプランナーの仕事内容やスキル、平均年収、転職方法、将来性などを紹介します。

Webプランナーとは

Webプランナーは、Webサービスやメディア、広告などに関する分野でWebサイトやコンテンツの企画設計をおこなう職業です。

Webプロデューサーとの違い

Webプランナーがプロデューサーの役割を兼ねる会社もありますが、役割分担を行う際は、企画者と意思決定者で分担することが多いです。

プランナーが出した企画に対して、プロデューサーが統括者として、Goサインを出します。

Webディレクターとの違い

企画に関わる職種として、Webディレクターもありますが、ディレクターはより制作に近い業務を担当します。

プランナーが企画し、クライアントから承認を受けたWebサイト制作の設計や構築などを担当するのがディレクターなのです。

Webデザイナーとの違い

Webプランナーやディレクターが企画を担当するのに対して、Webデザイナーは制作を担当します。

デザイナーやコーダー、ライターなど実際のWebサイト制作に関わる職業をWebクリエイターと呼ぶこともあります。

Webプランナーの就職先・活躍の場

Webプランナーが活躍するのは、Web業界のなかでも受託企業が多いです。クライアント企業から委託をうけたプロジェクトに対してプランニングをおこないます。

具体的な就職先としては、Web制作会社、広告代理店、コンサルティング企業などが該当します。

上記のほか、Web系のメディア企業などもWebプランナーが活躍する会社です。自社サービスのプロモーションや広告事業などに携わります。

Webプランナーの仕事内容

Webコンテンツやオンライン施策に関するプランニングを行うことががWebプランナーのメイン業務です。

ジャンルによりプランナーの業務もわかれるため、コンテンツ制作とマーケティングで役割が異なることもあります。

Webサイトの構築だけでなく、Webマーケティングでも予算規模の大きな案件では、マーケターとプランナーの分業体制が敷かれています。

よい企画をおこなうためには、調査やリサーチが重要です。

クライアントの要望や設定された目標などをもとに、情報を整理し、方向性やコンセプトを立案します。

担当者へのヒアリングのほか、ユーザーインタビュー、アンケート調査など裏付けとなるデータを揃えるのもプランナーの仕事のうちです。

Webプランナーのスキル

ここでは、Webプランナーに求められる能力や素質を紹介します。Web技術やデザイン、広告表現など世の中のトレンドを理解したうえで、プロダクトやサービスの魅力を引き出しターゲットに訴求するプランの構築が求められます。

企画力

Webプランナーに最も必要なスキルが企画力です。話題性や新規性が高い提案を用意できるだけでなく、実務ではクライアントの本質的な課題を解決することが求められます。

納得感のある提案をおこなうためには、根拠となるデータを準備し、ドキュメントを作成するスキルも必要でしょう。

情報収集力

世の中の流れや動向を把握して企画におとしこむための高い情報収集能力もWebプランナーに必須のスキルです。

依頼を受けた商品・サービスに関するプロモーションなどを担当する際に、周辺状況を手早く理解するにも役立ちます。

コミュニケーション能力

プランニングの仕事はクライアントのほか、Webデザイナーやエンジニアなどクリエイターともやりとりしながら進めていくことがほとんどです。

初対面の相手とも忌憚なく意見交換をおこなったり、時には納期や予算などの交渉もおこなうなど、コミュニケーションスキルが求められます。

Webプランナーの平均年収

Webプランナー全体での年収の相場は、450万円程度です。この給料レンジは、一般的な会社員の年収と同じ程度といえます。

マイナビエージェントによると、Webプランナーの平均年収は、20代では349万円(男性350万円、女性348万円)、30代では637万円(男性638万円、女性630万円)でした。

年齢により年収にかなりの差があらわれる一方で、男女の差は少ないという結果となり、Web業界の実力主義な面を示しています。

Webプランナーになるには

業界未経験からWebプランナーを目指すには、どのような方法があるのでしょうか。

未経験からWebプランナーになれる?

Web制作における上流工程を担当するWebプランナーには、クリエイティブやマーケティング、業界知識など幅広い知見やスキルが求められます。

そのため、まったくの未経験からすぐにWebプランナーとして転職したり、就職したりすることは難しいでしょう。

ただし、WebデザイナーやWebディレクターとして就職した後に、Webプランナーとして転職することはキャリアパスとしても一般的です。

未経験でも採用されやすいWeb系職種で最初の就職を目指す

未経験者がWebプランナーを目指す場合は、業界への入り口として未経験歓迎の求人で中途採用されることを目標にしましょう。

WebデザイナーやWebエンジニアとして転職したあとに、セカンドキャリアとしてWebディレクター、そしてWebプランナーとキャリアチェンジしていくのです。

Webプランナーのキャリアパス

Webプランナーになった後のキャリアパスとしては、広告代理店や制作会社など受託会社のなかで出世を目指すほかに、事業会社の制作部門やマーケティング部門などに転職するパターンも多いです。

Web制作の一連の流れを経験し、品質チェックやディレクションなどを問題なく実施できるなら、独立してフリーランスや経営者を目指すこともできます。

Webプランナーの将来性

Webコンテンツの制作やマーケティング、アプリなど幅広い経験や知識が必要なWebプランナーは、転職市場に流入する求職者数が少なく企業からの求人需要も堅調です。

Webサイトやオンラインメディアのほか、EC、ゲーム、Web広告などWebに関するプランニングの領域も拡大しています。

それぞれのジャンルに特化した、「Web広告プランナー」「Webコンテンツプランナー」「ゲームプランナー」などの職種も登場しています。

プランナーにWebの知識だけでなく業界に関する知識や、データ分析やテクノロジーに関する経験がもとめられる傾向もあり、今後はよりテクニカルな知識や経験が重要になってくるでしょう。