DevOpsエンジニアとは|仕事内容・年収・転職・将来性

ビジネスの価値をより迅速にユーザーへと届けることを目的にDevOpsという概念が提唱されました。ソフトウェア開発においてローンチ後の運用改善がより重要になるとともに「DevOpsエンジニア」の求人需要も増加しています。

この記事では、DevOpsエンジニアの役割や仕事内容、年収について紹介するとともに、未経験からスキルをみにつける方法も解説します。

DevOpsエンジニアとは

DevOpsエンジニアは、アジャイル開発やCI/CDなどを取り入れた開発現場で活躍する技術者です。

ビジネスの価値をより迅速にユーザーへと届けることを目的に、ソフトウェア開発のワークフローやプロセス改善に取り組む組織も増えてきました。

DevOpsエンジニアの役割

DevOpsエンジニアとして働く際は、インフラと開発の橋渡しのような役割が求められるでしょう。

運用監視やインフラストラクチャを自動化することでシステムの安定稼働を支え、開発スピードを向上していきます。

DevOpsエンジニアの仕事内容

業務では、クラウド環境でのインフラ構築や運用プロセスを自動化するツールの導入、開発プロセスの円滑化などを担当します。

開発エンジニアとして、コードを書くエンジニアリング能力とともにAWSGCPなどパブリッククラウドや最新のツールに関する知識が求められます。

DevOpsエンジニアに必要なスキル

ここでは、DevOpsエンジニアに求められるスキルセットを見ていきましょう。

プログラミングスキル

ソフトウェア開発でもちいられるプログラミング言語のうち、ひとつ以上の経験があるとよいでしょう。国内の開発でよく利用される言語としては、JavaRubyPythonなどがあげられます。

サーバー管理やOSの知識

プロセス管理や仮想化などLinuxなどのOSに関する知識を学ぶとともに、サーバー管理やネットワークの運用経験もあるとよいでしょう。ターミナルコマンドやシェルスクリプトを使えるようにしておきましょう。

運用においては、サーバーの負荷分散やスケーラビリティ確保のスキルが求められることもあります。

ツールやテクノロジーの理解

継続的インテグレーションやインフラストラクチャの自動化、コンテナオーケストレーションなどDevOpsを構成するツールやテクノロジーに精通していることが求められます。

Jenkins、Docker、Kubernetes、Mesosなどモダンな開発環境で利用されるツールに習熟したうえで目的や用途に応じて適切なアーキテクチャを設計できるエンジニアは、どこの職場でも引っ張りだこでしょう。

クラウドサービスを扱う知識

DevOpsを進めるうえで、オンプレミスよりもAWSなどクラウドプラットフォームを活用した経験が重視されます。

Terraform、CloudFormationなどインフラストラクチャを管理する手段についても慣れておくとよいでしょう。

ネットワークとセキュリティ

インフラエンジニアとしての経験があれば、ネットワークや構成管理に関する知識は備わっているでしょう。最近ではセキュリティに配慮したシステム構成がもとめられる現場も増えています。

DevOpsエンジニアの年収

DevOpsエンジニアの給料は、年収にして500から800万円程度が相場です。リードエンジニアやマネージャーとして働く場合は1000万円を超えるオファーもあるでしょう。一般的な ITエンジニアの平均年収と比べても高い水準といえます。アメリカの求人情報サイトGlassdoorのランキングにおいても、DevOpsエンジニアの平均年収は10万ドルをこえており、データエンジニアやソフトウェアエンジニアよりも高い給与水準となっています。

DevOpsエンジニアになるには

ここまで見てきたとおり、DevOpsエンジニアとして働くためには幅広いスキルと豊富な知識が要求されます。そのため、未経験者がいきなりDevOpsエンジニアになることは難しいといえそうです。

未経験からDevOpsエンジニアになれる?

未経験からDevOpsエンジニアを目指すなら、まずはWebエンジニアやプログラマーとして就職することが重要です。転職して半年から1年程度は業務経験を積みましょう。

エンジニアからキャリアチェンジを目指す

すでにエンジニアとして働いている場合は、DevOpsエンジニアに必要なスキルを勉強しながら、転職活動をおこなうとよいでしょう。すぐに内定がでない場合でも、クラウドやモダンな開発環境の職場を目指して活動しましょう。

DevOpsエンジニアの将来性

DevOpsでは、デプロイや運用監視など技術者が手動でおこなっていた多くの業務を自動化します。それにより、IT運用でのオペレーションミスをなくし、システムの安定稼働や開発スピードの向上をもたらします。

また、AWSGCPなどのパブリッククラウドサービスは、DevOpsを助ける様々なツールを提供しています。AWSAmazon Web Service)では、『AWS認定DevOpsエンジニア–プロフェッショナル』と呼ばれる認定資格を提供しており、DevOps業務に必要なスキルセットも徐々に定まってきています。

DevOpsエンジニアに求められる知識や経験はとても範囲が広く、短期間ですべてを身につけることは難しいといえます。ネットワークやサーバー、データベースなどのインフラ知識に加え、バックエンド開発の技術を学びましょう。

開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)が協調するワークフローを採用する組織も増えています。ITエンジニアは、この機会に転職やキャリアチェンジを検討してみるのもよいでしょう。