Androidエンジニアとは?なるには?仕事内容・スキル・年収・将来性

Androidアプリの開発で活躍する技術者が「Androidエンジニア」です。未経験からエンジニアへの転職を目指す方やスマホアプリ開発の仕事に就きたい場合に候補となる職業です。

この記事では、KotlinやJavaなどの言語でスマホアプリ開発を担当する「Androidエンジニア」の仕事内容やスキル、平均年収、キャリアパス、転職方法、将来性などを紹介します。

Androidエンジニアとは

Androidエンジニアは、スマホタブレットなどモバイル端末で動作するAndroidアプリの開発・運用に携わる技術職です。

Androidは、Googleが提供する携帯端末用のプラットフォームです。オープンソースのOSとしてソースコードが公開されており無償で利用できます。

会社に所属して開発をおこなうエンジニアが多いですが、副業などでGoogle Playで流通するスマホアプリを開発する個人開発者もいます。

Androidエンジニアの仕事

Androidエンジニアの主な業務は、Android端末にインストールして利用するアプリの開発です。

アプリ開発

Androidエンジニアは、JavaやKotlinなどの言語を使用してアプリを開発します。設計や要件定義のほか、コーディングやテストも業務に含まれます。

2017年にGoogleがKotlinのサポートを発表してからは、Javaでの開発が減り、Kotlinを採用するプロジェクトが増えています。

アーキテクチャの設計やコーディングをおこない新規にアプリをリリースするほかに、既存アプリの改修や機能追加、iOSWebサービスからAndroidへの移植などさまざまなジャンルで活躍します。

インフラ保守運用

Androidアプリの動作するサーバー環境を構築し、運用自動化などの開発をおこないます。保守運用などインフラ業務にはクラウドサービスやLinuxに関する知識が必要となるでしょう。

アプリのバージョン管理やエラー・障害対応をおこなうことで、24時間365日安定してサービスの提供ができます。

市場調査

Google Playでは日々新しいアプリがリリースされランキングの顔ぶれも変わってきています。新しくリリースされたアプリをダウンロードして試してみたり、利便性の高いUIや機能をチェックします。

TwitterYouTubeなどSNS上の口コミやアプリのランキングサイト、Google Play上のDL数を集計するなど市場調査も業務において重要です。

Androidエンジニアのスキル

Androidエンジニアとして働くには、どのような能力が必要なのでしょうか。プログラミング言語と開発環境についてみていきましょう。

プログラミング言語

Androidアプリの開発では、JavaかKotlinのいずれかをもちいて開発します。両方つかえるに越したことはありませんが最低1つはマスターしておきましょう。

Java

Javaは、Android開発の初期から採用されてきた言語です。Androidアプリのほかにも様々なアプリケーションやシステムの開発に利用されており、歴史のあるプログラミング言語です。

スマホアプリのほか、カーナビなど組み込み・制御系の開発で利用されることも多く、IoTなどの分野で活用シーンがあります。

Kotlin

新規のAndroidアプリ開発では、Kotlinが採用されるケースも増えてきています。Kotlinは2017年に、Android Studioに公式にサポートされました。

モダンな言語であるKotlinは、Javaよりも学びやすい言語です。新規に学習するならKotlinからはじめてみてもよいでしょう。

開発環境

スマホアプリの開発やゲームの開発では、統合開発環境IDE)と呼ばれるツールを開発に使用します。

Android Studio

Android Studioは、Google社の提供する統合開発環境IDE)です。コードエディタとして、コード補完やリファクタリング、検証・デバッグなどアプリ開発の流れをサポートしてくれます。

Unity

Androidのゲーム開発では、開発環境にUnityを利用することもあります。GUI上でさまざまな設定をおこなえますが、JavaScriptC#などでのコーディングも併用します。

Androidエンジニアのキャリアパス

Androidエンジニアのキャリアパスとしては「スペシャリスト」か「ゼネラリスト」のいずれかがあります。

スペシャリスト

現場での開発を続ける場合は、テックリードやシニアエンジニアなど技術でメンバーをリードするエンジニアを目指します。

独立してフリーランスAndroidエンジニアとして活躍することもできますし、転職でアプリ開発以外のエンジニアにジョブチェンジしてもよいでしょう。

ゼネラリスト

技術的な経験や知見をもちながらゼネラリストとして事業や経営に貢献するキャリアプランも可能です。

プロジェクトマネージャーなど管理のポジションやCTO、CIOといったマネジメント層を目指しましょう。

Androidエンジニアの年収

平均的なAndroidエンジニアの年収相場としては、500から600万円程度とされています。

未経験で入社した場合は、300万円から400万円からスタートし、ひととおりの業務ができるようになると500万円程度が期待できます。

フリーランスで働くAndroidエンジニアでは、スキルや経験次第で年収が1000万円を超える場合もあります。

Androidエンジニアになるには

未経験からAndroidエンジニアに転職・就職することはできるのでしょうか。求人応募や転職成功のポイントをみていきましょう。

未経験可の求人に応募する

スマホアプリの開発会社や受託企業のなかには、未経験者が応募できるポテンシャル枠で人材を募集する会社もあります。

そのような求人に応募して採用されると、未経験からでもAndroidエンジニアになることは可能です。

未経験OKの求人は全体からすると少ないですが、探せば見つかります。

ただし、中途採用では即戦力を求めている会社も多く、本当にIT未経験だと就職が厳しいこともあります。

20代や30代前半であれば、比較的キャリアチェンジも容易ですが、内定がでないこともあります。

そのようなときは、エンジニアになることを優先しましょう。

正社員や派遣社員で雇ってくれる受託系のIT企業に転職して、1、2年エンジニア経験を積んでからもう一度Androidエンジニアへ転職を目指すのです。

プログラミングスクールに通う

未経験からAndroidエンジニアへの転職活動をはじめて書類選考に通らない場合や面接を通過できないことがあります。

また、技術を身につけてから転職したいときにもプログラミングスクールはおすすめです。

独学でAndroidアプリの構築やプログラミング言語Javaを習得するのはハードルが高く、挫折することも多いです。

プログラミングスクールなら、詰まった箇所や不明な点を講師に聞きながら進めることができます。

ITエンジニアを目指す転職コースを提供するスクールやAndroidに使われるKotlinを学習する講座もあるため、探してみるとよいでしょう。

書類や面接で落ちてもあきらめない

未経験だと書類選考や面接で不採用となるケースも多いです。通常の転職以上にお祈りメールを受け取ることは事前に覚悟しておきましょう。

プログラミング経験や独学で作成したアプリなどの実績がある場合は別ですが、選考と同時に学習やポートフォリオの準備も進めておくと良いでしょう。

未経験でも採用されるために

未経験からAndroidエンジニアを目指す場合でも、スキルアップや下調べなどの事前準備ができていると採用の確率が高まります。

スマホアプリの開発についてある程度知識を持って、転職活動を行いましょう。

独学の環境を整える

Androidアプリの開発はパソコン上にAndroid Studioをインストールしておこないます。

開発をおこなう言語として、JavaとKotlinがありますが、Kotlinを中心に独学するとよいでしょう。

アプリを開発してみる

開発環境を用意したら、サンプルコードが記載された書籍などを参考に、簡単なアプリを独学で開発してみましょう。

電卓やカレンダーなどの単純な機能をもったスマホアプリを開発してみることで、プログラミングに入門できます。

Androidエンジニアの将来性

Androidエンジニアの需要は将来も続くのでしょうか。ここでは、今後の動向や未来についてみていきましょう。

Androidエンジニアの需要は高い

Androidに関する開発案件のなかでも、スマホアプリの新規開発や運用に携わるAndroidエンジニアの求人ニーズは高いです。

新しいモダンな言語であるKotlinエンジニアの数が不足しているため、経験の浅い若手や未経験者にもチャンスがあるジャンルといえるでしょう。

職場によって必要なプログラミング言語が異なる

Androidエンジニアは、職場によって必要な言語が異なります。今後はKotlinでの開発が主流になるといわれていますが、Javaでの開発にも柔軟に対応できるとよいでしょう。

Kotlinは、Javaよりも自由に書けてコーディングしやすい言語です。未経験から独学でも学習はしやすいでしょう。

Androidの動向次第

スマートフォンアプリやモバイル端末関連の市場は成長が続いており、オープンソースのOSであるAndroidのシェアも高い割合を占めています。

そのため、今後も数年はAndroidの好調な需要はつづくとみてよいでしょう。

しかしながら、開発を担当するAndroidエンジニアの将来については、大元のプラットフォームであるAndroidの動向に左右されます。

将来を考えると、他の言語を学んでおくなどリスクに備えておく必要はあるでしょう。