フリーランスが断るべき仕事3つの特徴

フリーランスとして駆け出しの頃は、実績作りや勉強のため選ばずに仕事をうけることもあるかと思います。

しかしながら、受注が増え実績を積んだあとは、単価の交渉を行ったり、ときには仕事を断ることも重要です。

フリーランスが断るべき仕事の特徴とは

フリーランスが断るべき仕事の特徴や理由について、以下で紹介します。

報酬が安い

クライアントから提示された報酬や単価が相場と乖離している案件や、こちらから提示した見積もり額に対して大幅な値引きを求められた場合などが該当します。

依頼内容や役務に対して報酬が見合わない仕事は、フリーランスが断る理由のなかでも多くの部分をしめます。受注前にそのような兆候がみられた場合は、早い段階でお断りすべきでしょう。

フリーランスとしてうけられる仕事量には上限があります。収入をふやし年収をあげていくためにも、仕事の単価にこだわりたいですね。

 

納期が短い、十分でない

作業内容や仕事に対して、納期が十分でない依頼も、お断りしたい案件のひとつです。仕事の状況からクライアントの希望納期に間に合わないことが事前にわかる場合もあるでしょう。

納期を守ることは、フリーランスの信用に関わる重要なことです。そのため、発注初期の段階であらかじめヒアリングをしておくことが望ましいです。

作業内容がわかっていないなどクライアント側の理解がたりない場合もありますので、その点を指摘し適切な納期に調整するなどの対応も必要でしょう。

 

人との相性が悪い

商談ややりとりを行うなかで、先方の担当者と性格的にあわない場合や、態度が高圧的など単純にこの人から仕事をうけたくないと感じる案件もあるでしょう。

発注元が法人の場合、担当者が変更になる、上司から横槍が入るといった形で、対面する人が変わる可能性ももちろんあります。

ただし、外注先やパートナーへの接し方には会社の特色がでる場合も多く、あぶないと感じた場合は注意するようにするとよいでしょう。

 

フリーランスは仕事を断る勇気をもとう

安定して仕事を受注できているということが前提ですが、自分で仕事を選べる点はフリーランスとして働くことの大きなメリットです。

会社員とことなり一国一城の主であるフリーランスは、仕事を選択できる自由があるとともに、どの仕事を受注し、どの仕事をお断りするかという選択も重要になってきます。

仕事を断る勇気をもつことで、選択肢をひろげることができます。