システムエンジニア・SEは副業で稼げる?案件の種類・単価・仕事の探し方

情報システムやアプリケーション、ソフトウェアの開発などを進める際に、ビジネス上の課題や要件を整理してIT開発のプロジェクトになくてはならない職業がシステムエンジニア(SE)です。

リモートワークやテレワークなど在宅での仕事を許可する企業が増加傾向し、IT業界で働く会社員SEのなかにも複業や副業というパラレルワーカーを志す方も多いのではないでしょうか。

この記事では、システムエンジニア/SEが副業する方法や稼ぎ方、収入・単価の目安、副業案件の見つけ方などを紹介します。

システムエンジニア・SEの副業をはじめよう

リモートワークなど在宅勤務が広がり、副業や兼業を考える会社員SEの方も多いのではないでしょうか。

副業をはじめる前に、会社の就業規則を確認して許可や届出が必要な場合には事前に手続きしましょう。

副業解禁となった企業でも、手続きは事後ではなく事前の会社が多いものです。

システムエンジニア・SEが副業しやすい背景

システムエンジニアプログラマーが働くIT業界は、よく言われるようにピラミッド構造です。客先常駐と呼ばれるSESの働き方が求められるため副業に適したフルリモート案件はそう多くありませんでした。

ただし、最近ではクラウドソーシングや副業マッチングなど仕事探しのプラットフォームが充実してきておりSEの副業探しもかなり楽になっています。

「プログラミングスクールでの講師・メンター業務」「オウンドメディアなどのライティング業務」などシステム開発以外でもSEが求められる背景があります。

システムエンジニア・SEの副業方法

・副業エージェント

システムエンジニアとして要件定義や詳細設計、基本設計、テストなどの業務経験があれば、副業エージェントや副業向けの求人サイトに登録してSE案件の紹介を受けることができます。

自分から企業に営業することなく、エージェントの持つ副業求人から希望や条件にマッチするリモート案件を探せる点が便利です。

副業の依頼は、中途求人よりも回転が速いため問い合わせた際にすぐに仕事があるとも限りません。

エージェントへの登録時にはスキルシートや職務経歴書、免許証などの提出やオンライン面談や対面の面接が必要な会社もあります。

クラウドソーシング

システムエンジニアの副業で稼ぐために、クラウドソーシング経由で案件を受注することもできます。エージェントに比べ登録の手間が少なく、すぐに活動できる点がメリットです。

エージェントが扱う副業案件よりも、単価や時給が低めである点はデメリットですが、在宅やフルリモートで受託できる請負案件が豊富に掲載されています。

成約時に差し引かれる手数料(マージン)が公開されており取引の透明性は高いです。

システムエンジニア・SEが副業をするメリット

・収入の増加

SEが副業する利点を考える際に、もっとも大きなメリットは単純にサラリーマンの給料以外にも収入が増えることです。会社員としての収入に加え、副業先からも報酬を得ることができます。

月10万円の副業収入があると額面で年間120万プラスになる計算です。月5万円だったとしても毎月の給料に上乗せできると大きいですね。

ただし、一定以上の副業収入は課税対象となり確定申告が必要になります。申告漏れには注意しましょう。

・スキルの向上

システムエンジニアは、要件定義や設計などの業務がメインでプログラミングや開発に携わる時間がとれないこともあるでしょう。

Web系の開発業務やコーディングの仕事を納品した経験を積むのに副業は適しています。

技術スキルの向上や知識の定着には、インプットだけでなくアプトプットも重要です。何より仕事として案件をこなすことで職務経歴書に記載する新たに実績をつくることができるのです。

・独立の準備

将来的に起業や独立を考えるシステムエンジニアこそ副業のメリットがあります。すぐに会社を辞めてフリーランスになるよりも、最初に副業で何件か案件を受注してから独立したほうが失敗のリスクが低いからです。

実際に副業で仕事をしてみると、一人称で案件を受注するにはスキルが不足していたり、希望の単価で仕事を確保できなかったりと理想と現実のギャップを確認することができます。

システムエンジニア・SE副業の種類

・開発案件

業務システムやWebアプリケーション、SaaSなどの新規開発や機能追加、運用改善などに関するシステムエンジニアリング業務に参加します。

小規模サイトや簡単なモックアップなどを請負契約で作成する副業もあれば、要件定義や設計に参加する案件もあります。

・コンサル案件

システム開発IT技術に関する豊富な知見をいかしソフトウェアに関するアドバイスや業務コンサルティングをおこなう副業です。

CRMSFAなど営業活動やマーケティングといった売り上げ向上に結びつくシステムに対するコンサルのニーズは高いです。

・プログラミング講師

プログラミングスクールやWeb技術の専門学校では、現役エンジニアを講師として募集しています。対面で教える講座とオンライン講座と両方あります。

講師のほかに課題作成やメンターとして生徒の質問に回答したり就職の相談に乗るエンジニアを募集しているスクールもあります。

・技術ライター

オウンドメディアやWebメディアなどで技術に関するテクニカルな文章を書くライターの仕事も人気です。

ランサーズやクラウドワークスなどに登録してライティングの案件を探せるほか、自分でメディアを見つけて売り込んでもよいでしょう。

システムエンジニア・SE副業の単価

システムエンジニア(SE)が副業を探す際の単価の目安としては、月10から20万円を目安とするとよいでしょう。フリーランスのSEが週5日企業に常駐して働く単価の目安は60万円程度のため、週1日程度の稼働と考えると妥当といえるでしょう。

知名度の高い企業で働いている技術者や書籍の出版歴があるなどの場合は標準よりも高い単価で案件の獲得が可能です。

システムエンジニア・SE副業の始め方

・就職してSEの実務経験を積む

システムエンジニアの副業案件を安定して受注するためには、正社員や派遣社員として3年ほど会社に勤務した実績が必要です。

業務経験の範囲によって受けられる仕事の幅も変わってきます。副業案件ではリモートワークや在宅での仕事が多いため、環境構築などのスキルは習得しましょう。

・副業に対応する時間を確保する

副業の種類にもよりますが、あらかじめ委託されたシステムエンジニアの業務を納期どおり完了できる時間を確保しておく必要があります。

会社の業務時間が長い場合は、残業のない会社に転職するなど、副業のできる余地を作りましょう。

・副業案件を獲得する

SEの実務経験をもち、副業のためのプライベートの時間を確保できたら実際に副業の仕事を探してみましょう。

知り合いの紹介や企業の求人募集、副業エージェント、クラウドソーシングなどで案件を探すことができます。

まとめ

今回は、IT業界で働く職業「システムエンジニア(SE)」の副業について紹介しました。クラウドソーシングや副業エージェントの登場により、実務経験があれば特にハイスキルとはいえない一般的なSEでも副業で仕事を受けられるような世の中になってきました。

ただし、副業解禁の会社も増えてきたとはいえ、SEが勤務するSIerやITベンダーでは社内規定で副業がNGの企業も少なくありません。

会社の規定や所得税・住民税などの申告には注意が必要ですが、それらをクリアできるようであれば、スキルアップや収入アップの期待が持てる副業にチャレンジしてみてはいかがでしょう。