エンジニアが給料を上げる方法

正社員として働く際は、ITエンジニアのような専門職でも会社のなかで昇進して給与をあげていくのが年収アップの一般的な方法です。しかしながら、エンジニアに限らずサラリーマンの場合、所属する業界や企業によっての賃金格差には注意が必要です。まずは、自分がいま働いている企業の給与体系や昇給の期待値を見定め今後将来的に所得を最大化できるキャリアを考えていきましょう。

 

収入面は中小企業より大手企業が有利

多くの場合、中小企業と比べ東証一部上場など大手企業の方が生涯賃金が高い傾向にあります。また、同じ上場企業でもWeb系のメガベンチャーよりも大手SIerのほうが収入面では有利だったり、同じITでも日系企業より外資企業のほうが年収レンジが高いがリストラのリスクも高いなどの大まかな傾向はとらえておくと良いでしょう。

会社によっての違いとしては、給与以外に資格取得、住宅補助などの各種手当や、託児所、社員食堂、退職金、企業年金があるなどが比較のポイントとなります。

 

ともあれ、同じ会社で定年まで働くかどうかは、新卒時に入社する企業の選択が非常に重要です。現在所属している企業が今後もずっと働きつづけられる環境として適していないようであれば、転職など別のみちに方向転換する必要があります。

 

将来のキャリアや生涯賃金を考えて転職する

サラリーマンの場合は所属企業によって、給与テーブルや年収のレンジが大きく異なります。そのため、新卒時に入社した会社の生涯賃金が低い場合や、配属された部署で望むキャリアが積めない場合は、より給与テーブルの高い会社へ転職するか、将来的に価値をあげられるキャリアへの転向を行う必要があります。

 

一般的に中小企業やベンチャー企業から、大手企業への転職は難易度が高いとされていますが、ITエンジニアのなかでも需要の高い職種の場合や、現在は比較的売り手市場ともいえる状況のため、年収アップなど有利な条件での転職が可能な状況となっています。

 

また、中途採用での条件交渉は基本的に前職での年収を基準に行われます。そのため、早いタイミングで年収をあげていく意識が重要です。