Webライターとは?その仕事内容と年収・将来性

文章を書くことを専門にするライターという職種のなかでも、オンライン上に掲載する記事の作成やメルマガ・コラムなどの執筆を手がけるなど、Webコンテンツの原稿作成を担当する職業がWebライターです。

新聞や雑誌など紙媒体からWeb業界に転身する編集者やライターも増えてきましたが、違いとしてはWebの場合は検索エンジンSNSなどでの露出を意識したライティングが求められる点です。

また、一般的にデザインなどのサイト制作はWebデザイナーの役割とされますが、会社や案件によっては、WordPressなどのCMSにログインし、管理画面から記事を投稿する部分までをWebライターが担当することもあります。

そのため、文章作成だけではなく、写真撮影や動画などWebコンテンツに関する知識や経験、スキルがあると仕事のうえでさらに歓迎されます。

今回は、そのようなWebライターの仕事内容や将来性、なるための方法について紹介します。

Webライターの仕事内容

会社のなかで働く場合

Webメディアやニュースサイトなど企業に所属し、会社員として働く場合は自社で運営するメディアやクライアント企業が掲載する文章を作成します。

契約形態としては、正社員や派遣社員、アルバイトといった形から、学生のインターンまで幅があります。 ポジションとしても編集者やコンテンツ企画などとライターを兼務する場合もあり幅が広いです。未経験の場合には、アシスタントとして先輩を補助する立場から入社することも多いでしょう。

成果物が管理しやすいため、リモートや在宅など 必ずしも出勤の必要無い勤務形態を取り入れている職場も多いことが特徴です。

フリーランスの場合

個人事業主フリーランスとして働くWebライターも多く、その場合は、主にクライアントから発注をうけた文章を書き納品することが仕事となります。以下にその工程を記載します。

文章構成を考える

クライアントからの依頼内容にそって記事を執筆します。タイトルや見出しなどの構成が指定されている場合は、中身の文章について構成を考えることが仕事です。

詳細な指定がない場合や、テーマやターゲットとなる読者についてのみ指示があるような場合は、コンテンツ内容そのものやテーマを決めるところからスタートします。

情報収集をする

執筆する記事の構成が決まったあとは、ライティングに必要な材料を集めます。インターネットで情報収集をする場合も多いですが、現地に出向いて取材や撮影などを行う仕事もあったりと好奇心が強い場合は楽しんで仕事をすることができるでしょう。

オウンドメディアに掲載するブログ記事を執筆する業務の場合には主にネット上での情報収集がメインになるほか、記事に使用する画像の選定やフリー素材から文章内容にあった写真を探す業務も含まれることがあります。

記事を作成する

文章の構成をきめたあとは、アウトラインにそって記事を執筆します。いわゆるライティング業務になります。集客目的のWebコンテンツを作成する場合は、とくに読者にとってわかりやすく伝わる文章をこころがけましょう。

記事の納品はワードやエクセルなどのオフィスソフトで保存する場合もあれば、WordPressなどのCMSに直接入稿する場合もあります。

基本的にはデジタルのデータで入稿するため、タイピングのスキルは必須になります。

 

Webライターになるには

未経験からの仕事の探し方

Web系のベンチャーやスタートアップなどは未経験可でWebライターを募集する求人も多く、在宅やリモート勤務もできるため、子育て中の主婦などから人気があります。

フリーランスの場合は、文字単価をベースとした報酬体系や、1記事単位で業務を委託されクライアントから発注をうける報酬が積み重なって収入となります。ライターになるのに特に資格などは必要ないため、すぐにでも開業することが可能です。

ライティングの依頼を請けるには、知り合いの紹介や自身のブログでの直接営業を行うほか、クラウドソーシングサイトなどのプラットフォームから仕事を探すことができます。

そのため、最初は副業や週末フリーランスとしてWebライターをはじめたことがキャリアのスタートとなる場合が多いこともひとつの特徴です。 

Webライターの給与・年収

正社員の場合には、年収300万円から400万円程度が相場となり、決して高い金額ではありません。ただし、一度ライティングのスキルを身につければ転職などで年収アップが可能なほか、副業や独立などもしやすい職種です。そのため、大学生のインターン先としても人気があります。

年収をあげていくために必要なこと

SEOなど検索エンジンSNSでの集客を考慮しライティングを行える場合は希少価値の高いライターとして通常よりも高い報酬を得ることができます。

実績がない場合は、文字単価が1円を下回る場合もあり、収入が安定しない面もありますが、実績を積んだり専門分野を磨くことで報酬をあげていくことが可能です。

 

Webライターの将来性

インターネットを通じて企業が行う情報発信が盛んになり、動画などのリッチな表現も登場しました。

その一方で、テキスト主体の記事を作成するライティング業務への需要はまだまだ衰えていません。 コンテンツマーケティングやオウンドメディアを中心にWebコンテンツの作成に長けたWebライター人材への需要や求人は今後も拡大が予想されます。

しかしながら、副業ライターも含め競争が進む業界でもありますので、フリーランスとして働く際は他のライターとの差別化や営業面の強化を考える必要があります。

正社員のキャリアアップといった観点では、ライターから編集やコンテンツ企画、ディレクターといった形で別職種への転向も視野に入れてみるとよいでしょう。