Webプランナーとは?なるには?仕事・スキル・年収・就職先・将来性

Webサイト制作やオンラインマーケティングで活躍する職業が「Webプランナー」です。未経験からWeb業界への転職を目指す方やコンテンツ企画の仕事に就職を考える方も多いのではないでしょうか。

Webプランナーとよく混同される「Webプロデューサー」や「Webディレクター」との違いやキャリアパスについてもみていきましょう。

この記事では、Webプランナーの仕事内容やスキル、平均年収、転職方法、将来性などを紹介します。

Webプランナーとは

Webプランナーは、Webサービスやメディア、広告などに関する分野でWebサイトやコンテンツの企画設計をおこなう職業です。

Webプロデューサーとの違い

Webプランナーがプロデューサーの役割を兼ねる会社もありますが、役割分担を行う際は、企画者と意思決定者で分担することが多いです。

プランナーが出した企画に対して、プロデューサーが統括者として、Goサインを出します。

Webディレクターとの違い

企画に関わる職種として、Webディレクターもありますが、ディレクターはより制作に近い業務を担当します。

プランナーが企画し、クライアントから承認を受けたWebサイト制作の設計や構築などを担当するのがディレクターなのです。

Webデザイナーとの違い

Webプランナーやディレクターが企画を担当するのに対して、Webデザイナーは制作を担当します。

デザイナーやコーダー、ライターなど実際のWebサイト制作に関わる職業をWebクリエイターと呼ぶこともあります。

Webプランナーの就職先・活躍の場

Webプランナーが活躍するのは、Web業界のなかでも受託企業が多いです。クライアント企業から委託をうけたプロジェクトに対してプランニングをおこないます。

具体的な就職先としては、Web制作会社、広告代理店、コンサルティング企業などが該当します。

上記のほか、Web系のメディア企業などもWebプランナーが活躍する会社です。自社サービスのプロモーションや広告事業などに携わります。

Webプランナーの仕事内容

Webコンテンツやオンライン施策に関するプランニングを行うことががWebプランナーのメイン業務です。

ジャンルによりプランナーの業務もわかれるため、コンテンツ制作とマーケティングで役割が異なることもあります。

Webサイトの構築だけでなく、Webマーケティングでも予算規模の大きな案件では、マーケターとプランナーの分業体制が敷かれています。

よい企画をおこなうためには、調査やリサーチが重要です。

クライアントの要望や設定された目標などをもとに、情報を整理し、方向性やコンセプトを立案します。

担当者へのヒアリングのほか、ユーザーインタビュー、アンケート調査など裏付けとなるデータを揃えるのもプランナーの仕事のうちです。

Webプランナーのスキル

ここでは、Webプランナーに求められる能力や素質を紹介します。Web技術やデザイン、広告表現など世の中のトレンドを理解したうえで、プロダクトやサービスの魅力を引き出しターゲットに訴求するプランの構築が求められます。

企画力

Webプランナーに最も必要なスキルが企画力です。話題性や新規性が高い提案を用意できるだけでなく、実務ではクライアントの本質的な課題を解決することが求められます。

納得感のある提案をおこなうためには、根拠となるデータを準備し、ドキュメントを作成するスキルも必要でしょう。

情報収集力

世の中の流れや動向を把握して企画におとしこむための高い情報収集能力もWebプランナーに必須のスキルです。

依頼を受けた商品・サービスに関するプロモーションなどを担当する際に、周辺状況を手早く理解するにも役立ちます。

コミュニケーション能力

プランニングの仕事はクライアントのほか、Webデザイナーやエンジニアなどクリエイターともやりとりしながら進めていくことがほとんどです。

初対面の相手とも忌憚なく意見交換をおこなったり、時には納期や予算などの交渉もおこなうなど、コミュニケーションスキルが求められます。

Webプランナーの平均年収

Webプランナー全体での年収の相場は、450万円程度です。この給料レンジは、一般的な会社員の年収と同じ程度といえます。

マイナビエージェントによると、Webプランナーの平均年収は、20代では349万円(男性350万円、女性348万円)、30代では637万円(男性638万円、女性630万円)でした。

年齢により年収にかなりの差があらわれる一方で、男女の差は少ないという結果となり、Web業界の実力主義な面を示しています。

Webプランナーになるには

業界未経験からWebプランナーを目指すには、どのような方法があるのでしょうか。

未経験からWebプランナーになれる?

Web制作における上流工程を担当するWebプランナーには、クリエイティブやマーケティング、業界知識など幅広い知見やスキルが求められます。

そのため、まったくの未経験からすぐにWebプランナーとして転職したり、就職したりすることは難しいでしょう。

ただし、WebデザイナーやWebディレクターとして就職した後に、Webプランナーとして転職することはキャリアパスとしても一般的です。

未経験でも採用されやすいWeb系職種で最初の就職を目指す

未経験者がWebプランナーを目指す場合は、業界への入り口として未経験歓迎の求人で中途採用されることを目標にしましょう。

WebデザイナーやWebエンジニアとして転職したあとに、セカンドキャリアとしてWebディレクター、そしてWebプランナーとキャリアチェンジしていくのです。

Webプランナーのキャリアパス

Webプランナーになった後のキャリアパスとしては、広告代理店や制作会社など受託会社のなかで出世を目指すほかに、事業会社の制作部門やマーケティング部門などに転職するパターンも多いです。

Web制作の一連の流れを経験し、品質チェックやディレクションなどを問題なく実施できるなら、独立してフリーランスや経営者を目指すこともできます。

Webプランナーの将来性

Webコンテンツの制作やマーケティング、アプリなど幅広い経験や知識が必要なWebプランナーは、転職市場に流入する求職者数が少なく企業からの求人需要も堅調です。

Webサイトやオンラインメディアのほか、EC、ゲーム、Web広告などWebに関するプランニングの領域も拡大しています。

それぞれのジャンルに特化した、「Web広告プランナー」「Webコンテンツプランナー」「ゲームプランナー」などの職種も登場しています。

プランナーにWebの知識だけでなく業界に関する知識や、データ分析やテクノロジーに関する経験がもとめられる傾向もあり、今後はよりテクニカルな知識や経験が重要になってくるでしょう。