Webマーケティングのフリーランスは稼げる?単価相場・年収、案件の種類、独立する方法

広告運用やメディア編集、SNSCRM・MAなど案件ごとにプロジェクトに参画するフリーランスのWebマーケターという働き方が世の中に浸透してきました。

また、Webマーケティング業界で働くキャリアとして起業や独立を検討するビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

この記事では、Webマーケティング案件の単価相場や求人動向、業務委託のWebマーケターの仕事内容、未経験から独立する流れについて紹介します。

Webマーケティングフリーランスが稼げる理由

Webマーケターの求人動向と案件の状況を紹介しつつ、個人事業主で働くフリーランスのWebマーケティング案件で稼げる背景や理由を解説します。

Webマーケター求人のフリーランス需要が高い

広告全体のなかでインターネット広告費の占める割合が高まり、オンラインマーケティングの重要性が増しています。そのなかで、Web広告の出稿やコンテンツ作成、効果測定などを行うスキルを持った人材が不足し採用に苦戦する企業も多いのです。

人材調達が困難なうえ消化すべきタスクは山積みとなると、業務委託で即戦力となるフリーランスを雇い入れる企業は多いでしょう。Webマーケターの稼働形態としてはオフィスに常駐するタイプのほか、在宅やリモートワークの案件も多いです。

デジタルに精通した人材は、一般の求人に比べても採用の難易度が高いです。ベンチャー・スタートアップや中小企業では、正社員よりも業務委託を中心として業務をまわす会社もあります。

高単価な案件があるためフリーランスで稼ぎやすい

Webマーケティングはビジネス系のフリーランスのなかでも稼ぎやすいジャンルです。業務委託のマーケター案件では、年齢に関係なく3000円から5000円程度の時給で働けます。エンジニア系やPM・コンサルタント案件に比べると単価は低いですが、ビジネス系では高いといえます。

また、営業についても無理に自分で新規案件を開拓する必要はありません。フリーランスエージェントに登録して案件の紹介を受けたり、クラウドソーシング経由で仕事を受注することができます。

経験やスキルを積んだWebマーケターであれば、ブログやSNSを運用してアフィリエイトなどの広告報酬などで副業的な収入を得ることも難しくないでしょう。

未経験でも実績があれば参入できる

Webマーケティングの中でもオウンドメディアやSNSなどの運用案件は、社会人経験のない未経験者や副業マーケターからでもフリーランスで独立して活躍しやすい分野です。ブログやTwitterYouTubeなどの運用は、インターネット環境と機材を揃えれば、誰でもすぐに開始することが可能です。業務外での副業や個人の趣味として活動をスタートすることもできるでしょう。

それらの活動を通して、SEO、ライター管理、収益向上のためのサイト改善、動画編集などスキルを身につけ、PVや広告収益などの実績を出しさえすれば、それを元に継続的にフリーランスの仕事を得ることができます。大学生ならインターンに参加して実績を作り、それを元に個人で仕事を受けてもよいでしょう。

Webマーケティング案件の種類・仕事内容

フリーランスで働くWebマーケターが携わる案件のジャンルや仕事を紹介します。

コンテンツ企画・編集

コンテンツマーケティングを行う企業が増え、ウェブページやブログ記事、ホワイトペーパー、動画などのコンテンツ作成の需要が伸びています。

Webディレクターやメディア運営の経験者を中心にフリーランスのほか、副業で週1、2日稼働などの案件もみられます。

オウンドメディアの運営に関するフリーランスでは、の成果を出せるマーケターへのニーズが高いです。

SEOを考慮してライターへの記事発注や校正、品質チェックなどを行いサイトのトラフィックやCV向上を目指します。

単価は低いですが、Webライターとして記事作成やライティング業務のみを代行する仕事もあります。

広告運用

フリーランスのWebマーケティング案件のなかでも、様々な業種業態で需要が高いのがインターネット広告の運用業務です。

Google、Yahoo、Facebook、LINEなどのメディアが独自のアドプラットフォームを提供しており、広告主が管理画面から直接入札が可能です。

主な広告に、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告、アフィリエイトがあり、費用対効果の確認も容易です。

広告費の20%程度を手数料として報酬を得る方法が主流ですが、稼働時間に応じて費用を請求することもあります。

LPOやEFOなどサイト改善も含めコンサルティングを受注すると効率的に稼ぐことができるでしょう。

アクセス解析・データ分析

Webサイトやアプリ、広告出稿などの成果向上や改善を目的とした分析業務が得意なフリーランスも存在します。KPI設計やBIツールの導入、ダッシュボード構築、レポーティングなどデータの可視化や見える化には一定の需要があります。

Google AnalyticsやTableau(タブロー)、Salesforce(セールスフォース)、Marketo(マルケト)など特定のツールを導入することに特化したエンジニア寄りの案件も多いです。

SNSソーシャルメディア

TwitterInstagram、LINE、YouTubeなどの企業アカウントを開設してSNSを利用する会社は多いですが、成果を実感している会社はまだまだ少ないです。

SNSは、オンラインサービスだけでなく、店舗などオフラインサービスのマーケティングチャネルとしても有効なため多くのジャンルが営業対象となります。

Webマーケターのほか、SNS支援の会社や広告代理店のソーシャルメディア運用担当者、PR担当者などが副業で仕事を請け負うこともあります。

実務経験がなくとも、SNSで継続的なコンテンツ提供を通じて、大勢のフォロワーを獲得した実績がある人材なら案件の依頼を受けれるでしょう。

Webコンサルティング

事業内容やサイトの運営目的にあわせ、マーケティング戦略やプロモーション計画の立案、現在のマーケティング部門のタスクの見直しやメンバーへの教育の実施、一部業務の代行などWebマーケティングに関するコンサルティングを実施します。

依頼する側の企業としては、ノウハウや知見がない分野について第三者の助力を得るという構造になるため、Webマーケのなかでも新しいジャンルの需要が高いです。今ならYouTube動画やInstagram、LINE公式アカウント、BtoBマーケティングなどが注目のテーマといえます。

総合的なWebコンサルのほかに、SEO、広告、CRMなどスポットでのコンサルティングもあります。コンサルティングをおこなうには、複数分野のマーケティング知見だけでなく、事業や顧客の理解が必要などより高いスキルが必要となります。

Webマーケティングの年収・単価

次にフリーランスで働くWebマーケターの収入についてみていきましょう。年収や単価の相場はどの程度が目安となるのでしょうか。

Webマーケティング案件のフリーランス単価相場

フリーランスのWebマーケターが業務委託で働く場合、月の報酬単価の相場は60から80万円程度です。

レバテックフリーランスのWebマーケティング案件例

レバテックフリーランスのWebマーケティング案件例

月の単価が60万円の場合に年間の売上は720万円です。フリーランスの場合は、ここから経費や税金などを引いた金額が手取りになります。

報酬の金額は稼働率や仕事のジャンル、経験年数によっても異なります。週5日勤務の100%稼働で60万円のマーケターが週3日60%稼働した場合は、報酬は36万円となります。その場合も、空いた週2日で別の仕事を入れるなどはできますね。

会社員で働くWebマーケターの平均年収

また、正社員Webマーケターの年収はフリーランスと比べ高いのでしょうか低いのでしょうか。

dodaの実施した平均年収ランキングの調査によると、「ネット広告/Webマーケティング」の平均年収は419万円。想定される生涯賃金は2億1867万円です。

年代 年収
20代 370万円
30代 461万円
40代 555万円
50代 〜547万円

正社員で働く場合の給与テーブルは、年収と年齢が連動する傾向にあります。フリーランスで働く場合は、年齢の影響を受けにくいため、20代、30代はフリーランスで働いたほうが収入は増えるでしょう。

フリーランスのWebマーケターになる方法

Webマーケティング分野で独立してフリーランスになるにはどのような方法があるのでしょうか。一般的な2つの方法を紹介します。

就職後に独立する方法

おすすめはWebマーケターとしての実務経験を積むために一度は就職して、会社員からフリーランスのマーケターになるパターンです。20代、30代での挑戦なら未経験からマーケター転職もそこまで難易度は高くありません。

Webマーケティング会社やインターネット広告代理店に就職して2・3年働き、広告運用やSNS運用、Webディレクションなどのノウハウを吸収してから独立を目指します。独立の前に1年程度は、副業での稼働期間をはさんでもよいでしょう。

新人への研修や教育はOJTで行う企業がほとんどですが、未経験でも給料を貰いながら実務を通してマーケティングを勉強できる点がメリットです。独立前の会社とよい関係を築くことができれば、独立後も仕事の発注を受けることができるでしょう。

独学後に独立する方法

Webマーケティングを独学した後に何かしら実績を出すことができれば、就職せずにフリーランスになることも可能です。

ただし、フリーランスで仕事をうける際にスキル証明となる実績やポートフォリオは必要です。

TwitterInstagramでフォロワーを数万人集める。ブログアフィリエイトで収益を得る。など実績を出すことでマーケティングの実務を行える証明を果たす必要があります。

また、広告の出稿調整やGoogle Analyticsの使い方のほかに、GTM、Search Console、データポータルなどWebマーケターとして習得が必要なツールや知識は多岐にわたります。

独学に挫折しそうな場合やノウハウを体系的に学びたいと感じた際は、スクールに通うなどの方法を併用してもよいでしょう。