Webディレクターとは?仕事内容と必要なスキル

Webサービスを運営する企業や、制作会社でサイト制作を進める際に活躍する職種がWebディレクターです。

サイト上で実現することを要件としてまとめるなか、エンジニアやマーケターと連携して仕事を進めることも多く、関連部署と密にやりとりし、サイトを成功に導くことがミッションとなります。

今回は、そんなWebディレクターという職種について紹介します。

Webディレクターとは

Webディレクターはサイト制作のディレクションを主業務とするビジネス系の職種です。 制作会社に所属するディレクターは、クライアントから依頼をうけたサイトの納品がゴールとなるため同時並行で複数の案件を受け持つこともあります。

一方で、自社サイトやメディアの担当者は、公開後にサイトを運用していくことがメインの業務内容となります。

 

Webディレクターの仕事内容

要件定義やコンセプト立案など制作初期の企画段階では、プロデューサーやマーケターと一緒にユーザー理解のための調査を実施したり、ときには改善箇所を把握するための分析業務も行います。

制作開始後は、デザイナーやライター、カメラマンなどのクリエイティブ職や、開発を担当するフロントエンドエンジニアなどの技術職と協働し、サイトの設計から開発、公開まですべての工程に携わります。

その際に、ディレクターは関連部署や外部パートナーと目線をあわせるためタスクや進行状況に応じてさまざまな資料を作成します。

 

Web制作でよく使われる資料

WBS(ダブリュービーエス

WBSはプロジェクトの完了に必要な人員やスケジュールを見積もるための成果物です。作業を詳細なタスクに細分化します。各タスクの担当や工数に対してスケジュールを付記したガントチャートも併せてもちいられます。

 

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームは、Webサイトの情報設計について記載した設計図面です。サイト上に配置する各要素のレイアウトや文言、機能などを主要なページ毎に作成し、デザインやシステム実装などの後工程での機能の実装漏れや手戻りを防止します。

 

Webディレクターに必要なスキル

事業会社で働く場合も、制作会社で働く場合も関連する部門や外部のパートナー企業と納期の調整や各種依頼などの折衝を行う担当のためコミュニケーション能力が求められます。

制作会社に所属するディレクターは、Webプロデューサーや営業担当者あるいはクライアントの窓口と直接やりとりし、制作上のゴールや意図をかみくだきデザイナーやエンジニアに開発業務を依頼します。


そのため、専門家と対等にやりとりできるだけの知識や状況に応じた分野毎の発注先の知識なども評価対象となります。

 

まとめ

Webディレクターは、コンセプトなどの企画立案からメンバーのアサイン、スケジュール進行の管理、メディアの運用など幅広い業務に携わるため、必要とされる知識の幅が広く、常に最新情報のキャッチアップを行う必要があります。

また、プロジェクトメンバーやクライアントなどに対して進捗状況や成果に関するプレゼンテーションを行うなどビジネス面でのスキルを学べるため、デザイナーからのキャリアチェンジも多くみられる職種です。

制作会社や代理店などで未経験可のアシスタントディレクターの求人などもあり、業界未経験でも挑戦しやすい職種といえるでしょう。