ITエンジニアの給料は安い?その理由は?

今現在IT業界でエンジニアとして働いている方だけでなく、これからエンジニアを目指す方も給料や年収の相場は就職・転職の前に調べておきたいポイントですね。

しかしながら「ITエンジニアは給料が安い」「年収が低い」という意見もあれば、「生産性の高いエリート職種」「他の業界よりも高収入」といったまったく逆の意見が混在しています。

また、それらの意見はある意味で両方とも正しいといえます。

ITエンジニアが高給取りであるという意見は、外資系企業やITコンサル、大手SIerなどで働く技術職に当てはまります。また、Web系企業などの事業会社にも一般企業より給料の良い会社があります。

一方で、上記企業の子会社などグループ会社で働くエンジニアの給与水準は親会社よりも低い傾向がみられます。

また、システム開発を受託する企業で下請けや孫請けで下流に属するSE、雇用形態が正社員ではなく派遣のプログラマーといった場合、賃金を安く抑えられているため給料が安いということもあるでしょう。

実際のところ、ITエンジニアの給料は安い?

転職サイトのdodaが行った調査によると、技術系職種(IT/通信)の平均年収は456万円です。コンサル、監査法人など専門職の588万円、企画/管理系の510万円と比べると確かに低いといえます。

一方で、クリエイティブ系、事務/アシスタント系、販売/サービス系などの平均年収が300万円代の職種と比べるとITエンジニアの年収は高いといえるでしょう。そのため、決してITエンジニア全員の給料が安いわけではありません。

しかしながら、年収300万円以下などの給与水準で働くITエンジニアも存在してるのは事実です。そこには、昇給が少ない、労働時間が長い、みなし残業といった、まさにブラック企業の待遇で働くエンジニアもいれば、ワークライフバランスを重視した結果、毎日定時で帰れるが給与は低い仕事についているエンジニアも含まれます。

 

ITエンジニアの給料が安いといわれる理由

上記の調査にあるようにITエンジニアという職種でも決して全員が給料が安い、長時間労働で割りにあわないという環境で働いているわけではありません。しかしながら、世間においてIT企業はブラック、エンジニアは給料が安いというイメージがあるのはなぜなのでしょうか。

業界のピラミッド構造

理由のひとつとして、IT業界の多重下請け構造があげられます。IT業界のなかでもSIer・ソフトウェアハウスと呼ばれるIT開発を受託するSI業界では、建設業界などと同様に、元請け(一次請け)となる大手SIerが受注した仕事を下請け、孫請けといった外注先企業に発注してクライアントに納品するという業界構造になっています。現場毎に職人をあつめ依頼物の完成を分業し指示するといった内容も建設業界と似ており、客先常駐で働くエンジニア・プログラマーIT土方と揶揄することもその点に起因しています。

また、商流が上位に位置する企業から順にマージンを抜いていくため、下位に属するほど給料が低い傾向にあります。下請け・孫請けは大手SIerよりも1社1社の企業規模が小さいものの、企業数は多く、フリーランスとして働く個人事業主も含めるとその数は膨大です。また、所属するエンジニアの人数もピラミッド構造となっており、下の階層に所属する人数のほうが多いのです。

SEとPG、職種の中での階層

SI業界で働くITエンジニアは、システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)に分かれ、それらの職種のなかでも上位職種と下位職種が存在します。システムエンジニアは主にプロジェクトの上流である要件定義や設計をおこない、実際にコードを書くプログラミングを行うのがプログラマーです。

また、システムの規模によって開発後の保守・運用やテスト・検証などを担当する技術者、事業会社の社内SEなどITエンジニアのなかでも様々な職種が存在します。一般的に、要件定義や設計、プロジェクトマネジメントなどの上流工程を担当する企業や職種のほうがより給与が高い傾向にあります。そのため、年収をあげるためにはSEからプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーなどのマネジメント職種に移ることが推奨されます。

もっとも、Web業界やアプリケーション開発の企業では、SEやPGといった区別は少なくエンジニアがコードを書き、開発を行うことが普通です。ただし年収をあげていくために、リーダー、マネージャー、CTOなどの上位ポジションに出世が必要という点には変わりがありません。技術系のスペシャリストとしてプレイヤーポジションで高収入が実現できる会社もありますが、まだまだ一般的とまではいえない状況です。

 

まとめ

結論としては、ITエンジニアという職種全体の給料が安いわけではありません。ITエンジニアは、働く環境や就職する会社、キャリアプランによっては、十分に高収入を得ることができる職業です。

ただし、他の職種に比べ技術職の給料が低い、昇給が遅い、出世できないといった会社も存在するため転職・就職においては、事前に会社の評判を調査するなど慎重におこなう必要があります。

とはいえ、現在エンジニアの転職は、売り手市場ともいえる状況のためきちんと技術やスキルを身につけることができれば、ブラック企業からホワイト企業への転職や年収アップでの転職の難易度はかなり下がっています。

現在の職場での待遇に不満がある場合や、将来性に心配な場合は、転職を検討してみるのもよいでしょう。