データアナリストとは?必要な知識・スキル、転職・就職する方法

ビッグデータ機械学習に注目があつまる昨今、大手企業を中心にさまざまな業界でニーズが高まる職業に「データアナリスト」があります。

今回は、これからデータアナリストを目指す方やキャリアチェンジを検討中の方向けに、仕事内容や未経験から転職・就職する方法について解説します。

データアナリストとは

データアナリストは、意思決定を支えるためのデータ分析の専門家です。企業課題の解決にむけ「調査・分析」や「レポーティング」などアナリティクス業務に従事します。

データアナリストの仕事内容

データアナリストの主な業務はデータを分析することです。ExcelやRを使用した簡易な分析から、データマイニングや予測など高度な統計モデルを駆使したものまでプロジェクトや組織によって従事する仕事内容はさまざまです。

ビジネス上で得られるデータから「業務上の課題を発見する」「統計モデルを製品・サービスそのものに適用する」「施策を評価する」「将来を予測する」など多岐にわたる分析に対して適切な手法を選択したり、試行錯誤を重ね意味のある解釈を行います。

また、BIツールを使用して情報を可視化するなど意思決定を助ける資料作りやレポーティングもデータアナリストの業務といえるでしょう。

最近では、機械学習を利用するようなエンジニア寄りのデータアナリストも徐々に増加しており、ビッグデータ分析の知見があるとキャリアアップに有利といえます。

必要とされる背景・活躍する場所

データアナリストの生まれた背景として、デジタルの活用が進むとともにデータ分析に取り組む企業が増加したことがあげられます。

統計解析の技術自体は、金融、医療、スポーツ、小売などさまざまな業界で活用されてきましたが、IT企業やWeb業界を中心にマーケティングの分野で分析者のニーズが高まりました。

ウェブサービススマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム運営企業などでは、サービスの成長を支える原動力としてデータをもとにしたサービス改善が行われています。

それらの企業では、行動データや決済情報を分析して、最適な情報をレコメンドする。広告の配信やUI/UXの最適化で利用するといったアクションが可能となります。

それにより専門部署や分析チームを社内に抱える企業が増え、データアナリストの職務も徐々に定着しつつあります。

データアナリストの年収・給与相場

データアナリストの年収相場は年齢や経験により幅があります。

若手や未経験者の年収は400〜500万円程度と他の職種と比べ若干高い程度ですが、経験者の場合には1,000万円を超える場合もあります。

データサイエンティストとの違い

分析を専門とするIT関連の職業として、データアナリストのほかにビジネスアナリスト、Webアナリスト、データエンジニア、データサイエンティストなどがあります。

なかでも、データサイエンティストとデータアナリストは職務内容が重複する部分もあり、中途採用の求人募集でも混同される場合があります。

一般的には、アナリティクスの専門家であるデータアナリストに対して、機械学習やビジネスでの貢献を期待される上位職種がデータサイエンティストとされる傾向にあります。

とはいえ、データサイエンティストとの違いとしては、企業側の職務定義や肩書きが異なるという形式的な面も大きいといえるため、仕事を探すさいには実質的な業務内容に注意するとよいでしょう。

 

データアナリストに必要な知識・スキル

統計分析に関する知識

データアナリストは統計解析を専門に仕事をするため、実務を行なっていく上では統計学や数学の知識が必要です。

統計ソフトやツールを使用して分析をおこなう場合でも、分析手法を把握し、仮説の検定方法など統計学を理解していなければ、分析結果から適切な示唆を得ることができません。

また、統計モデルやアルゴリズムを駆使した仕事には、データマイニング機械学習の知見が求められます。

SQLによるデータ操作のスキル

データアナリストに必須のスキルとしてSQLがあげられます。データ分析を行う際には、データ抽出や集計・加工といった処理を日常的に行うため、自身でSQLのコードを書いて、データベースから直接データを取得できる必要があります。

また、扱うデータ量が多い職場ではクラウド上でデータを管理するケースも増えています。そのため、SQLのほかデータ分析基盤やAWSなどのクラウドに関する知識があると重宝されるでしょう。

統計ソフトやBIツールの操作

働く業界や企業によってデータアナリストはSPSSSASMATLABなどの統計ソフトを活用します。最近ではR、Pythonを使用するケースが多くなっており、プログラミング言語の習得が必須のスキル要件となる求人も増えてきました。

また、分析結果をレポーティングする際や、データの可視化に取り組む際は、ビジネスインテリジェンスツール(BIツール)と呼ばれるツールを活用して、データのビジュアライゼーションに取り組みます。

 

データアナリストになるには

仕事内容や必要となるスキル・知識については、上記で解説してきました。ここからは分析の仕事に就く方法について紹介します。

データアナリストに転職・就職するには

データアナリストになるために必要とされる資格は特にありません。そのため、データアナリストへの就職・転職を成功するには、分析の実務経験を積み中途採用で転職するか、未経験可のポジションに応募して内定をもらう必要があります。

学生や新卒採用の場合は、データアナリストを採用する企業への応募にあたり即戦力である必要はありません。ただし入社後の仕事内容を考えると統計や数学など理系分野の学習やプログラミングを独学するなどして準備をしておくとよいでしょう。

未経験からデータアナリストになる方法

未経験者がデータアナリストを目指す際に、最初の壁となるのが実務経験です。ポテンシャル採用枠に応募して採用されない場合は、ちがったアプローチ方法で分析者の仕事を目指しましょう。

分析専門の職種への就職が難しい場合は、マーケターやエンジニアなど分析に関連する職種に就職し実務経験をつんだ後に、データアナリストに転職するという2ステップでキャリアチェンジを行うことが現実的です。

マーケターやエンジニアについても未経験者からのキャリアチェンジはハードルが高いのですが、募集の少ない分析職よりも求人数自体が多く、若手であれば採用ハードルが低くなっています。