JDLA認定プログラムの受講費用・講座料金を比較

人工知能/AI技術に関する資格に一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供する「G検定」「E資格」があります。そのうちE資格の取得にはJDLA認定プログラムの受講が必須です。

今回は、日本ディープラーニング協会について紹介するとともに、各社が提供するディープラーニング講座の費用を比較表にまとめました。

JDLA認定プログラムとは

JDLA認定プログラムは、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が開催する「E資格(JDLA Deep Learning for ENGINEER)」の受験に必要な教育プログラムです。

E資格は、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定するための試験であり、JDLA認定プログラムは必要な基準やシラバスに準拠している講座のみが認定をうけています。

E資格の受検資格に「JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること」と記載があるように、受検の際はいずれかの講座に申し込む必要があります。

JDLAとは

JDLAは、一般社団法人日本ディープラーニング協会(Japan Deep Learning Association)の略称です。

ディープラーニング技術の活用促進や日本の産業競争力を向上を目的に2017年に設立され、人材育成の一環でG検定・E資格の資格試験を開催しています。

人工知能研究の第一人者である東京大学教授の松尾 豊氏が協会理事を務めていることも有名です。

JDLA認定プログラム 受講費用・料金の比較表

2019年4月13日現在、JDLA認定プログラムとして民間事業者が提供する8つの教育講座が認定されています。

公式サイトでの料金の記載をもとに受講費用を講座別にまとめてみました。※あくまで現時点での内容となりますので参考程度にご覧ください。保証はできかねます。

 

認定番号 講座名 学習方法 受講費用 運営会社
00001 現場で使えるディープラーニング基礎講座 対面/オンライン 298,000円(税別) スキルアップAI株式会社
00002 機械学習オンライン/ディープラーニングオンライン オンライン サイト上に記載なし 株式会社zero to one
00003 現場で潰しが効くディープラーニング講座 対面/オンライン 450,000円(税別) 株式会社ナトフ
00004 AI_STANDARD for Engineering オンライン サイト上に記載なし 株式会社STANDARD
00005 AIジョブカレ ディープラーニング講座 対面/オンライン 139,800円(税別) エッジコンサルティング株式会社
00006 ディープラーニングハンズオンセミナー 対面 200,000円(税別) 株式会社キカガク
00007 業界初合格保証付 Premium Plan E資格対策コース オンライン 580,000円(税別) 株式会社アイデミー
00008 全人類がわかるディープラーニング体系講座 対面/オンライン 196,000 円(税別) 株式会社AVILEN

※受講形式についてスクール・セミナー形式でのハンズオン講義を「対面」、動画受講などのオンライン講義を「オンライン」と記載しました。

※受講費用について、対面とオンラインがある場合は「対面」の料金を記載しています。

※受講対象が法人のみの講座があります。

JDLA認定プログラムの一覧

JDLA認定プログラムの一覧は、日本ディープラーニング協会の公式サイトで確認することができます。

参考:人材育成 | 一般社団法人 日本ディープラーニング協会 Japan Deep Learning Association

zero to one社の「機械学習オンライン/ディープラーニングオンライン」、STANDARD社の「AI_STANDARD for Engineering」については法人での研修が対象のようです。個人のスキルアップを目的として受講を検討する場合は、その他の講座から選ぶことをおすすめします。

現場で使えるディープラーニング基礎講座

認定番号:00001
講座形態:ハンズオン@東京、大阪、名古屋、オンライン
運営会社:スキルアップAI株式会社
詳細ページ:https://www.skillupai.com/deep-learning

機械学習オンライン/ディープラーニングオンライン

認定番号:00002
講座形態:オンライン
運営会社:株式会社zero to one
詳細ページ:https://zero2one.jp/#courses

現場で潰しが効くディープラーニング講座

認定番号:00003
講座形態:ハンズオン@東京・福岡、オンライン
運営会社:株式会社ナトフ
詳細ページ:http://study-ai.com/jdla/

AI_STANDARD for Engineering

認定番号:00004
講座形態:オンライン
運営会社:株式会社STANDARD
詳細ページ:https://www.ai-standard.jp/

AIジョブカレ ディープラーニング講座

認定番号:00005
講座形態:ハンズオン@東京、大阪、福岡
運営会社:エッジコンサルティング株式会社
詳細ページ:https://www.aijobcolle.com/dl/

ディープラーニングハンズオンセミナー

認定番号:00006
講座形態:オンライン事前予習 + ハンズオン + オンライン補講動画
運営会社:株式会社キカガク
詳細ページ:・Chainer コース ・Keras コース ・⻑期コース

業界初合格保証付 Premium Plan E資格対策コース

認定番号:00007
講座形態:オンライン(環境構築・前提知識不要)+メンター制度
+コード添削+オンラインビデオカウンセリング
運営会社:株式会社アイデミー
詳細ページ:https://premium-etest.aidemy.net/

全人類がわかるディープラーニング体系講座

認定番号:00008
講座形態:ハンズオン@秋葉原オンラインライブ受講、動画補講
運営会社:株式会社AVILEN
詳細ページ:https://avilen.co.jp/ai-engineer-course/

まとめ

今回は、日本ディープラーニング協会が認定する「JDLA認定プログラム」を紹介しました。E資格受験のためには必須になるため、資格取得を検討する際は、各社サイトをチェックするとよいでしょう。

どの講座を受けるにしても、JDLAの認定を受けた講座になります。ただし、民間団体が提供するスクールのため、料金やカリキュラム、サービス内容は運営会社により異なります。

ハンズオン形式での対面講座は、首都圏や大都市中心に開催されています。地方在住の場合は、オンライン講座を検討すると良いでしょう。また、大学生や高校生など学生の場合は、無料の講座や割引を受けられる場合もあります。