30代職歴なしでも就職できる?ニート・フリーターから正社員になる方法

「30代後半のフリーターから正社員になれる?」「30代でニートのままはヤバい?」など30歳を節目として就職活動や転職活動を意識するかたも多いのではないでしょうか。

しっかりと働く意思があれば、就活をはじめるのに何歳でも遅すぎるということはありません。今回は職歴なしニート・フリーターの30代から正社員になる方法を紹介します。

30代で職歴なしのフリーター・ニートから就職できる?

ニートやフリーターとして過ごし職歴がないまま歳を重ねた30代でも正社員として就職することはできるのでしょうか。

30代職歴なしで初めての就職活動について実情をみていきましょう。

正社員への就職は簡単ではないが可能性はある

よく言われている通り未経験・職歴なしの30代が正社員で就職することは決して簡単とはいえません。ただし、仕事を選り好みせず、きちんと準備や対策をして就職活動に臨めば採用の可能性は十分にあります。

男性・女性に関わらず、決して平坦な道のりではないため、多少のことであきらめないメンタルや根性は必要になってくるでしょう。

20代での就職よりも大変な点は覚悟しておく

30代で職歴がまったくないのと、20代や10代の場合とでは就職へのハードルの高さは桁違いです。高卒か大卒かなどの最終学歴によっても差はでるでしょう。

職歴がないまま歳をとればとるほど、求人数は減り、書類選考や面接での不合格も多くなります。当然、選考を経て採用の内定をもらうまでの期間も長くなりがちです。

30代前半と30代後半でも就職の難易度はかわってきます。極力早めに就職活動をはじめるべきです。

職歴がないまま40代・50代を迎えるのは危険

30代のうちはまだよいですが、さらに歳をとって40歳、50歳となった場合に、自身の健康や親の介護に関する問題などもでてきます。

また、職歴がないまま40代、50代となっていくと正社員への就職はさらに難しくなり、とりかえしがつかなくなってしまう危険もあるのです。

30代職歴なしでも就職する方法

未経験可の正社員求人に応募する

転職サイトやハローワークで30代の未経験者でも応募できる求人を見つけて、実際に就職活動をはじめていきましょう。

応募には職務経歴書や履歴書が必要となるためPCやインターネット環境を用意するとよいでしょう。

また面接ではスーツ着用の場合もあり、革靴やスーツを持っていない場合はそれらの準備も必要です。

キャリアカウンセリングや就職支援をうける

求人応募の準備をするために、転職エージェントや就職支援サービスが提供するカウンセリングや無料の説明会・セミナーなどを受講してみてもよいでしょう。

30代ではじめての就活をする場合は、就職活動に必要な書類の作り方などから調べる必要があります。

何から手をつけて良いかわからない場合は、最寄りのハローワークに登録してジョブ・カード制度や職業訓練などを利用してみるとよいでしょう。

また、社会人向けITスクールの受講を検討してみてもよいでしょう。

派遣社員を経験してみる

正社員採用に挑戦して結果が出ない場合に、職歴をつむという点で最初に派遣社員から始めてみるのもひとつの方法です。

登録型派遣や常用型派遣のほかに、「紹介予定派遣」のような直接雇用を前提とした派遣で正社員をめざしてみてもよいでしょう。

初心者や未経験者向けに研修プログラムを提供している派遣会社もあります。

アルバイトから始めてみる

派遣契約と同様にパートやアルバイトからでも正社員が目指せる職場もあります。

採用のハードルが低いアルバイトから始めて正社員を目指すのです。ポイントは正社員登用制度がある職場で働くことです。

30代以降も職歴なしだと収入に困ることも

30歳をこえても職歴なしでいることは、年収や生涯賃金などの収入面で不利にはたらきます。ニートとして両親に依存するのにも限界があるでしょう。

収入に差がつく

20代の間は会社員も給料が安いことが多く、フリーターと比べても賃金の面で大きな差はつきづらいです。ただし、20代後半から30代以降ともなると正社員は年収が上がっていくものの、フリーターの昇給は微々たるものです。そのため手取り収入や年収で換算すると倍以上の差がつくことも少なくありません。

収入がなくなる

フリーターであれば、アルバイトやパートタイムでも働いて収入があるだけ生活していくことはできます。しかし、ニートとして無職のまま実家暮らしで親の収入に頼っていると、いずれ収入が途絶えることもありえます。そうなってから困らないように、すこしずつでも準備をするとよいでしょう。

30代以降も職歴なしでいることのリスク

30代後半や40代になってもニートやフリーターのまま過ごすことでリスクもあります。

社会的信用がなくなる

会社員や公務員として働いている場合と異なり、ニートやフリーターでいると社会的な信用は低いといえます。クレジットカードやローンなどの審査に通らないなど生活のうえで不便なこともおこります。

結婚できない

30歳を超えてフリーターでいると、付き合っている人がいたとしてもなかなか結婚まで踏み切れません。また、結婚後の生活や子育てなどで金銭面で苦労することもあります。

30代職歴なしから正社員になるために

行動する

職歴なしから正社員で就職するためには、ささいなことからでもはじめることが大切です。

実際に行動にうつしてみることで、社会の厳しさをしることになるかもしれませんが、世の中のリアルをしるところからがスタートラインです。

勉強する

プログラマーやデザイナーなどIT系の職業で就職を目指すには、独学やスクールで勉強をしながら就職活動をすすめるとよいでしょう。

就職に有利な資格取得のための勉強もよいかもしれません。ただし、30代では20代と異なり残された時間は少ないです。

そのため、公認会計士や税理士など難易度の高い資格取得をゼロから開始するのはあまりおすすめできません。

介護やIT、不動産など就職活動と関連した資格の勉強をおこなうと効率的でしょう。